真央ちゃんの激やせ

真央ちゃんの激やせという、検索で、すごい人数の観覧がありました。。

それだけ、みなさん、びっくりしちゃったんですよね。真央ちゃんの体型に。

佐藤コーチは、原因を、やはり、試合が一カ月延びた事と、調整がうまくいかなかったこと、
震災後、心理的なストレスがあったことをお話されていました。

それにしても、
痩せたというか、エネルギーが減ったというか、
FSの最後のステップに力がはいっていなくて、これはどうしたものか、と
ファンでありますから、わたしも勝手に心配しちゃったわけです。

当然、人間ですから、ストレスも関係してくるのは、当然ですが
何食べたんだ?最近・・・とそういった視点から、検索をしてみると

いつからやっておられるか、わからないんだけど
マクロバイオテックをはじめていて、趣味にもなっているし、
ロシアでも、自分で玄米おにぎり、つくって食べている(ここ、佐藤コーチから)

つまり
マクロビをとりいれているということは、肉類、乳製品を減らしているか、絶ってしまっている
可能性があります。

わたしもマクロビ(軽めですけど)やっていて、肉類はほとんど食べません。
皮膚の関係もあって、いま、牛乳、卵はやめています。

そういうわけですから、個人的には、マクロビが広がることは嬉しいことなんですが

彼女の場合は、世界のトップを競うアスリートで、
運動能力、筋肉のつくりは一般人とはまったく違います。
その激しい運動量を必要とする運動選手に、はたして、マクロビ中心の生活が
合っているのか疑問です。

この、マクロビやっているというのが、スポンサーである森永製菓のみせかけだけの
アピールであれば、それはそれでいいんだと思いますが

ただ、彼女のように、普通のスケーターが飛ばない3Aを一つのプログラムに1回、2回
いれるということは、通常の選手よりも、着氷の度に膝や骨に相当の圧力が掛かっており

どういったデーターを用いて、真央ちゃんにマクロビを進められたのか、わかりませんが
ちょっと、考えられたほうがいいのではないでしょうか。


プロ選手の中でも、野球選手などでマクロビを取り入れておられる方もいますし
バレリーナの草刈さんも、マクロビ。でも、彼女は演技者であり、競技者でなし。

肉を食べるか、食べないかは個人の選択だと思いますが、
肉を止めてみて、気がついたことは

めらめらっと、闘争心が消えたかも・・・ってことです。

食生活は、栄養だけでなく、気持の上がり下がりにも影響してきます。

心が静かになることはいいのですが、競技者に、闘争心がなくなると、これも、ちょっと
問題のような気がしているのです。


真央ちゃんはつい、昨年まで、焼き肉、焼き肉と、大好きな食べ物の話となると
お肉の話しをしていました。

厳しいダイエット中は、お肉の薄切りを一枚、大事にたべて、「お腹が一杯です」と
テレビの前でいってた。食べたいのに、食べることができない食事制限。


焼き肉好きが、急に菜食になると、

バランス的に、ちょっと体の中でなにか、違和感とか、矛盾が戦うような気がします。


もし、野菜も好きだけど、実は、お肉が食べたいな。。って心の中で思っていたら

自分の気持に正直になったほうがいいと思います。


あれだけのエネルギーを数分間のうちに、氷の上で使うのですから、
どんなマクロビの先生でも、浅田真央の使う運動量と体型維持に適切なアドバイスを
与えるのは、大変に難しいと思うのです。実際、前例がないし。


自分でマクロビやってみて、楽しんでいるんですが、
だからといって、全員がこの食事法が合うとは限りません。

綺麗になるから、痩せるからといって、菜食が、万人に当てはまることもありません。

実際、わたしは、玄米を食べると、便秘になります。通常は、お通じがよくなり
痩せるといわれていますが、こういった体質の人間もいるのです。


また、マクロビの中では、豆乳をよく利用されますが
直飲みすると、血管に異常もでる可能性がありますし、骨がかえって弱くなるという説も
あります。


もっと、しっかり、大切な宝なのですから、真央ちゃんは、そういったところを
見切り発車で、進めるのではなく、より、彼女が求める競技の形にあう、スタミナや
体型を維持する指導が必要なのだと思います。
スポンサーとかなしに、とりあえず、真央ちゃんには中京大学という、スポーツに強い大学に
所属しているのですから、大人の損得ではない、「本人に合った食べ方」を推奨することが
必要なのではないかなと感じています。

来季は、以前の強い真央ちゃんにもどってきてほしいです。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-05-03 03:47 | 生命力