アレルギーのこと。

最近、本棚の整理をしています。
昔は宝物だった、お菓子の本、料理の本、手放す時がきました。

残された本をぱらぱらとめくります。

手元にずっと置いておきたい本。

その中の一つに西日本新聞社が発行している「食卓の向こう側」シリーズ。
薄い本なのですが、掲載された新聞記事がまとめられていて、栄養のこと、日本人の栄養摂取の
変化、様々な問題を読者の視点から書かれている貴重な本です。

なぜ、この本を知ったかというと、
ずっと前ですが、インターネット掲示板上で、ある新聞社の記事て、コンビニのお弁当を食べ続けた
豚が奇型の子供を産みはじめた、という情報からでした。掲載したのは西日本新聞社。

そこから、調べてこのシリーズの本にたどり着いたのですが
噂通り、安くつくからといって、養豚場の主が廃棄処分の決まったコンビニの残り弁当を
毎日豚にあたえたところ、とんでもないことになってしまったというのです。

どこのお弁当か、は記載はされていませんが、どこもここも似たようなもんでしょうから
毎日食べると、どうなるか、心配になりますよね。

などなど、様々な情報が載っていて、栄養学に興味があった私には、貴重な本となりました。

今日、電車の中でぱらぱらと読み返したところは、
アレルギー疾患のところ。
ちょうど、アメリカの通信教育にて取った栄養学のグループでの勉強会で、たんぱく源の話しに
なり、高タンパク食品の摂取方法によっては、ガンの発病につながるのではないかという説から
何パーセント摂取までいくと、どのくらいになるか、と深い話しをすることができました。

電車で読んでいた時に、目にとまった記述。

「アレルギー疾患、食事で改善」というものです。
アレルギーの人の食事を研究されている 永田良隆先生の記事から。

~現代人は乳幼児期から高タンパク、高脂肪の食事の取り過ぎで病気になっている、体力、体質、運動量に合うような食べ方をしていない。食べすぎた場合、生体がどのように反応するか。未消化のタンパク質や余った脂質が体内の「ヘドロ」となる。
ヘドロは腸管から血液で運ばれ、皮膚の中でも血液循環のいいところから出てくる。頭部の脂漏性しっしん、顔面湿疹。全身にひろがるとアトピー性皮膚炎、ヘドロが気道へ排出されるとぜんそくに。

人には、ヘドロを排出する体質と貯め込む体質がある。
貯めこめば、肥満症、高脂血症、つまりは生活習慣病になる。
たまった、臓器によっては、病名も変わり、肝臓だと脂肪肝、心臓だと心筋梗塞、脳だと
脳梗塞。

排出型だと、生まれてからすぐから、体質に合う食品と合わない食品の区別がつけやすい。
家庭でも早く対処でき、生活習慣病も防げる。
貯蔵型の人は2,30年たって生活習慣病になり、気がつく、やっかいだ。



以上、記事から抜粋しました。


私自身、脂漏性しっしんを頭部にもっているのですが、子供のころから、鼻や耳もつまりやすく
それは「ヘドロが溜まって排出」されていたと考えると、とても有難いことに思えました。

かゆくて仕方がないとき、頭がかゆくなって、つい、手が頭にのびて、フケのようになって
悲しくなること・・。どうして・・。
ステロイドだけはぬりたくないと、おもって、あれや、これやと試しましたが、夏、海で泳ぐ以外は
湿疹はなかなかひいていきません。

瞬時で、「さーっとひいた」という経験もあります。
すごく腹下しをおこして、トイレにずっと座って下痢をしてしまったとき、冷や汗の中、頭皮の一部が
すーーっとしたのです。あれ、お腹の痛みがおさまると共に、頭もなんか、すっきりして気分も違う
やはり、血管の中が浄化されたのかなあ。。と思うことがありました。

子供のころ、皮膚科の先生にいわれたことは
「アトピーがすべてわるいとはおもわないんだよ、表に悪いものがでてきているサインだから、
わかりやすいっていえば、あなたはわかりやすいんだ」と説明をうけたときも
ありましたが、いざ、かゆみが襲ってくると、集中力も減るし、どうして、、と思うのですが

すべて、体内のヘドロが原因だとすると
このサインはとても貴重で、あの、腸がからっぽになった感覚と共に湿疹がひいていった
ことを思うと、体が自分でおこす浄化作用のすごさに感動しました。

姉が年末、風邪をひいているわけでもないのに、くしゃみ、鼻水がでて、困っているといい
薬を買って飲んでいました。、

おねえちゃん、薬を飲まないで。なにか、外にだしたいものがあるんだよ、お肉とかお魚とか
食べすぎなかった?ときいても、本人には自覚なし。数日を共に過ごしているので、食べているものは
なにかわかりますが、わたしからみて、彼女は動物性のたんぱく質摂取が多く、本人はとってる自覚がないのです。

「気にかけている人=私」
「気にかけてない人=姉」
なのですが、姉のようなタイプが一般に多く、せっかくの体からの信号を見失っているのです。

排出されてくる毒を薬でとめずに
それをサインと受け止め、改善できる生活に、一人でも多くの方に気がついて頂けたらと
思います。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-01-25 05:41 | 栄養のこと