捨てられた猫を育ててみる。

最近、黒猫を飼い始めました。


d0175589_1641197.jpg


飼うつもりはなかったんですが、勝手に居座り始め、もともとは同じ通りの誰かの家で飼われていたのだと
思いますが、なにか事情があったのでしょう、外猫になってしまって、うちにたどり着いた訳です。

猫の言葉はわかりませんので、どこからきたのかはきけませんが
基本、野良猫がいないはずがオランダの動物事情で、ペットへの規制も厳しいので、なぜ、この黒猫が
宿なしになっていたのか不明ですが

この子が家にきてから、気持がほっこりしています。

前の猫が昨年の夏に死んでしまって、それから飼う予定はありませんでしたが、自分から探していないけど
勝手にやってきて、あたりまえのように居座っていることから、なにやら舞い込んだような気持。

猫好きの方にはおわかりかと思いますが、猫は不思議な生物です。
一説によると、飼い主の病気を吸ってくれるともいいます。

なにか、意味があって、やってきたのだと思い、毎日、話しかけています。

昨年死んだ猫は箱にクリスタルとか、ねずみのおもちゃ、お菓子をいれて、地中に埋めました。
そして、春、周りに黄色い水仙の花を植えると・・・。
花が生き生きとして、なかなか枯れない、不思議なエネルギーを感じました。

お互いを思いやるというか、その猫にもできるかぎりのことはしたし、死んだ時は、全力でがんばった
だから力尽きたと納得の上でした、死後3時間で埋めてしまったのですが、ペットロスになることもなく
清々しい気持になったことを覚えています。

ペットは飼い主を救ってくれます。

それを子供のころから動物と一緒に育ってきた私は感じます。

行き場のない生き物を迎え入れた時、自分になにやら幸せがやってくることも知っています。

先日、福島の行き場のないペットを世話していた方のブログをみました。

沢山の動物が、誰かに助けてもらえるのを待っています。

見栄えのしないその子たちを救うって、すごく自分も幸せになれることだと思うのです。


いま、うちの黒猫はきれいにブラシを毎日かけて、この通り一番の美猫になろうね、綺麗に
なろうね、と話しながら、マッサージしています。
すると猫もその気になるのです、捨てられて心の傷がある猫が、その期待にこたえます。


なにかをかわいがる気持ちって、とっても大切で
日々の生活でそれを感じる幸せ
そして教えられることってたくさんあります。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-05-12 16:52 | 生命力