美味しんぼ事件

皆さま、ご無沙汰です。すっかり夏の気候ですね。ブログ、こちら更新できず、
訪問して下さった方、ありがとうございます。
一昨日、日の出を見ました。暗いうちに家をでて、15分自転車を走らせると、
昇る太陽に合わせ、鳥たちが歌い、風が吹きそれぞれが奏でる音がまるで音楽のような、
清々しい朝でした。
自治体のイベントに参加するために、早起きしたのですが、道に迷って、最初のヨガは参加できず、
一人、日の出を眺め、いいタイミングでした。昼には疲れて、数時間寝てしまいましたが、
翌日はすっきりとした気分で、不思議だなあ、と思い調べてみると、朝日は鬱病患者に良いそうです。
すばらしい自然療法ですね。体内時計を整えてくれるやはり太陽は母です。
d0175589_04380843.jpg
さて、話は代わり、最近の日本の話題、美味しんぼの鼻血事件。漫画一つに総理大臣まで介入して
くるのには驚きでしたが、それぞれの立場の人が、いろんなこといっているので、正直、漫画家よ
りも、見苦しい人たちがみえてきてうんざり。

同時期に、故吉田所長の調書が朝日新聞にて暴露されて、壮絶な内容を目にし、
それでも国民に思考停止を望む政府に失望しています。棺桶に片足半くらいつっこんだ
年老いた政治家とその仲間たちには、今の子供たちが大人になるころにはこの世
にいない方が多いでしょうから、あまり健康被害は気にしないのか、しらないフリをしているだけ
なのか都合の良すぎる、歯の浮くような言葉が並んで、もうウンザリしてしまいます。鼻血の件も
少なくとも被爆地を県庁所在地に持つ県の子供は、小学校1年生から放射能の危険性については、
夏休みには習うわけです。夏休みの友にもあれや、これやと調べたことを書いたり、被ばくされた方のこと
を想って書いたりしたものでした。放射能といえば、健康被害、もちろん鼻血も含まれますし、
想像するのはたやすいことで、自治体がインプットしてわたしたち育っているわけですから、
いまさら、原発被害に興味や関心をもつことをうとまれても、こっちが困るのです。興味を持つ
ように教育されてきました。わたしたちは、こうやって、その時の都合にあわせて、教育をされてきているのです。
たとえば、昔、わたしは体操着を着る時に、ブルマは嫌でした。恥ずかしいし冬は寒いし、男子は短パン、
女子はブルマでおかしいんじゃないか、女子も短パンでいいんじゃないかと思っていたことは、
当時、「馬鹿な考え」「そんなこと考えるおまえが悪い」といわれて、時にはジャージきて出席していたものですから、
ぼっこり頭を殴られたこともありました。さて、時代代わり、今の子供たちはどうでしょう。

女子も短パン、女子高などは、かわいらしいスコートのような体操着ですよね。
おいおい、わたしの頭殴った、先生、殴られた意味わかりませんよ、といまでも思います。
ブルマと原発問題はレベルが違いますが、非常に腹が立つのが、共通して
「状況によって変わることに疑問をもつことを否定される」この日本の雰囲気です。
今回、鼻血表現に関して、認めている人たち(感情的派)にたいして、証拠がないと突っ込む議論派、
せっかくですから、とことん意見交換しましょうよ。お互い、環境が違うのですが、
考えることが違ってあたりまえ、やっちゃいけないのは、こうやって、
ブルマを否定した時に、げんこつで殴ることですよね。

[PR]

by tubaki_hana | 2014-05-27 08:03 | 日本の問題