2011年 03月 09日 ( 1 )

人間とは。。。

熊本で女児を誘拐し、殺害した犯人が大学生だった・・・。

このニュースが流れてから、度々、いろんな方のブログや
社説を読みましたが、

わたしの思ったことは

犯人は許し難いですが

なぜ、親は3歳の女の子を一人でトイレに向かわせたのか。。まず、それが頭にありました。

すべての人間が安全な人でない。

疑うことはよくないけれど、いつもその考えはあります。

学生のころに幼児教育を専攻していましたが
遺伝子関係の勉強のところで、
残念ながら、男性のみに現れる染色体常が原因の殺人行為に関し
説明が行われたころから、
絶対に、子供、もちろん、大人の女性も死角になりそうな場所にはいかない
ことが大切だと、思いました。

よく大人が目を光らせて子供を見ないと、
死角に連れ込まれてしまった後は、命を落とす可能性もあります。
また命が助かっても、大きな傷を負うことになります。

現在は昔よりも、さらに危険度が増しています。
インターネットや、いままでは一人だった人物が、ネット上で仲間を見つけれる
状態。犯罪を起こす可能性は高まっているのです。

私の友人の知り合いの女の子はまだ小学校に上がる前でしたが
遠足でトイレに行かせた後に、下半身に異常を訴えたので
調べて、話しをきくと、年上の子供たちにトイレでいたずらをされていたそう。

子供同士でも、こういった事は起きますし

最近では
アムステルダムの託児所に預けられていた子供たちが、男性保育士にいたずらされて
いたこと、また、昼寝の時間を利用して、子供たちを自宅にいれて、パジャマパーティ
と称し、何かをやっていたようです。

米国当局からの通報で、この保育士は逮捕となったのですが
遠く離れた米国からのインターネットの監視により、アムステルダムの性犯罪者が
逮捕される現状に、見えない死角がどんどん広がっていく現在、

さらに、保護者は自覚を持ち、
我が子や他の子供をよく見て、危険だと思うと、声をかける習慣をつけることが
まず大切だと思っています。

夏場、実家の近くのジャスコにいってみると
20時過ぎているのに幼児が広いフロアーでうろつき、親は近くにいるのだろうけど
気がつくと、エスカレーターの隙間に手をいれようとしていて

「危ないよ、一人でどうしてここにいるの?」と声をかけて

親からしたら、私はうっとおしい存在かもしれないけど、一つ間違えると
指を失うことになりますから

これからも、いやなおばさん化して

危なさそうな子供には、声はかけます。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-03-09 04:56 | 日本の問題