カテゴリ:不思議なこと( 3 )

不思議なご縁

昨年の夏、帰省した際、切れていた免許証の更新へ、実家のある街の
運転試験場へと向かいました。

気温高いし、湿気多いし、初心者講習と同じだし
あー、やってられないと、講習室の椅子に座って、開始を待ちました。
時差で眠い・・・・。


しばらくして
「隣座っていいですか」と声をかけた女性がいて

偶然にも、彼女はアメリカ、サンディエゴ在住。私同様、免許証失効者でした。

あの部屋に、海外在住で免許証失効者はたぶん二人だけ。
偶然にもとなりの席になって
休み時間にお互い話しかけると、
おもしろい方で、結局、帰りのバス停までご一緒しました。

メールアドレスを交換したのですが
その後、数か月して、ちあきさんからメールがきました。

「お元気ですか」


不思議なのは、
IINに入学するか、しないか悩んでいたときに
偶然にアメリカのちあきさんからの一本のメールで
なんとなく、アメリカから声が聞こえたようなそんな感じがして
「ありがとう、なんか、入学する気になった、勇気もらえたありがとう」

と書いて返事をすると

ちあきさんは、人見知りがひどいのに、不思議と私には話しかけたそう。

そして、ちあきさんのメールは、なにかしら、決めごとをしようとしている
際に、ぽーんと入ってくる不思議タイミング。

それが実はGOサインなんですよ。。。

なにかしらね、このタイミング☆

とお互い話していたんですが、

今日、お互いの誕生日を知り、ぎょっとしました。

一日違い・・・・・。

これもまた宇宙のお手配なのかしらん。

遠いサンディエゴに住む、お友達。

まもなくお引っ越しするそうなんですが

偶然の出会いに

たぶん、日本でまた会えるだろうなとわくわくしてます。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-03-04 04:45 | 不思議なこと

神様へのお願いごと

冬場なのに、温かな日で、海辺も気持ち良く。

人影のない小さな島で、一人、ぼーっと松の木の下で考え事。

d0175589_7455994.jpg




冬場は海が荒れるので、ボートの練習はやらないんだけど
海面穏やか、高校生が久しぶりに出たのか、それはそれは気持良さそうに
漕いでました。私も今年はボートやらねばな、、、。
昨年はサボりすぎました。

d0175589_7482893.jpg


いつも家に戻ると、こうやって近くの海を散歩したり
森の中にある神社へとお参りにいきます。

年末でしたが、家にもどってきたということで、一年のお礼と
思い、神社へと向かいました。

いつもいつも、ここにくると気持が静まる不思議な場所。
相性があるのなら、ここは私の声を聞いてくださる神様がおられるのです。

「ごめんなさい」と
一年を振り返り、でた言葉はこれ。
どうしょうもない願い事をしていた自分に
そんなことを聞かされていた神様も、おいおい、そんなの
聞けないよっていわれていたんだと思います。


2011年は病気しないような気がする。と気持すっきり。

実は元旦から病気になることが数回続き、なんか意味あるのかな、と
思っていたのです。
昨年は元旦から帯状疱疹となり、
一昨年は・・・。

昨年の年明けにこの神社でおみくじを引くと、病のところに
気になる記載が。一緒にいったたまちゃんに見せて、こんなの
ひいたことがない、なにか、嫌な予感がするよ。。。といった
数時間後にはすでにおみくじ通りになってしまったのです。

ここのおみくじは凶はいれてないそうなのですが
いつも、なにか答えをくれます。

なにか間違ったことを、私がやっていると、なにかしら
警告は出てくるものです、それが言葉であったり、突然、病気に
なったりと。偶然とは思えぬタイミングが数回あったので
あれは神様からのメッセージだったのだな、と本当に思います。

夏に神社にいったときは誰もいなくて
おみくじひくにも、お金が足りず。

あきらめようとしたところに、知らぬおじさんがふらっとやってきて
その方が買ってくださったのです。

そのおじさんも、なにやら、困りごとがあったようで
答え求めに、おみくじの箱までやってきたそうで、開いて
うーん、と頭を抱えておられたので、
買ってもらったお礼ではないですが、「おじさん、大丈夫ですって!」と
励まして、一緒に境内の階段下りて帰ったことも。

本来ならば、新年に引くのがいいのでしょうけど
今回は、年末に引いてみました。

死ぬ思いも祈れば神の強い力で生き返る。
七転び八起きという。倒れても起き上がり、ころんでも立ち上がり
力をおとさず、希望をすてず、神様ご照覧の下に、正しい道を
ぐんぐんと進んでいく。
ただ此世かぎりの生命ではない。幾千万年の末までつづく
魂の世界がある。


七転び八起き
そうだなあ、、と思い、年を越しました。

躓いても起きるのが、大事なことなんですよね。生きるのって。


普通はおみくじ持って帰らないのですが
これは手帳に挟んでいて
時折、眺めて、なんとなく力になる、不思議な紙となっています。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-01-13 08:02 | 不思議なこと

山手線にて

ふらりと山手線にのったのは、東京についた翌日の朝。

適当に起きて、適当に朝ごはん頂いて、適当に家をでて
駅について、目の前にきた山手線に乗りました。

動き出して、ぼーっと考え事していると、隣の車両から
歩いてくる人がいて、

んん?

どこかでみたことがあるなあ、、と思い、よく見ると
それは姉の友達で、私も数回、食事したり遊びにいったり
している方なのです。


どひゃーーーー、TUBAKIさん、日本きてたの?知らなかった!!
といわれ、都内に住んでるわけでないのに、すごすぎる偶然と
いわれ、本当ですね、と朝から興奮する私たち☆

くっ、これが男女の出会いであれば、ドラマ化決定だな(苦笑)


私が先に降りることになり

あと数日、東京いますから、というと、姉と連絡とって食事でも
いきましょうということに。

東京最終日の夜、スペイン風居酒屋の窓側の席で、三人
お酒のみつつ、近況を話し、

そうそう、私、新年から栄養学勉強するんです♪と話すと

へえ、なに、それ、といわれて、

アメリカと日本は情報がちがう、そこが面白いと話しをした後に

「つまりは、ああいった店で売ってるお菓子にむやみやたらに手を
出さないことですね」と指さした窓の外は、夜の蛍光灯に光った
コンビニ。

え、そうなの。
おいしいのになあ、やめきれないよおお、といわれ、

うん、そうなんですが、実際、アメリカなどでは、トランスファット
禁止されていて、日本はまったく規制がない、
現代病に大きく影響しているから、できれば止めたほうが
いいですよ、と話した後に

朝から、姉に
「これ、おいしいから」といわれ、朝食用に置いていかれた
クリームパン、有名店の物らしいんだけど、
そのどっしりとしたクリームの中身は、裏の表示みたら
日本では食べられるけど、よその国では規制で口にはできないもの。

それを話し

頂いた後でいうのもなんだけど
朝から朝食で食べたパンなんかも
毎日食べると、影響出るよ・・・と話したんですが

同じ親から生まれてきた姉妹でも
考え方、味覚がまったく違って
真剣にきいてもらえないのが、残念。
新年より、また婦人科系疾患の治療をするといっていたので
すこし生活習慣を見直してほしいと度々お願いは
しているのだけど、忙しさを理由に聞く耳持たず。

ちなみに父親は糖尿病に認定され、それを現実に受け止めて
母は食事制限を何度もしてきて、そのせいで、家庭内の喧嘩が
さらに増えていることを考えると
4人中、二人はかなり食事に気をつけ(母とわたし)
現実逃避で、食生活の見直ししないのが父と姉。

つまり、4人で半分が理解をして、半分の理解は得れないという
状態を家族で経験できているので、勉強にもこれ、かなり参考に
なるかもしれません。

姉のお友達よ。
山手線で運命的な出会いをして、私たち、居酒屋で飲んだのですから
今年は、コンビニ通いはやめなされよ。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-01-08 22:04 | 不思議なこと