カテゴリ:IIN( 10 )

学ぶことの楽しさ

最近、ブログ、更新していませんですが、NYの栄養学校IIN三回目の
テスト期間中でございました。
前回、追試で通過したので、今回もたぶん追試だろうと思っていたら、その通りで
追試と決まった後は、週末、のんびりと勉強をしていました。
どこを間違えたのだろか、と読んでみると、英単語の読み間違え、読解間違えによるもので
あったり、学校独自の考え方とか、学校側が準備した、ゲストスピーカーに関する問題以外は
常識的なものであったことから、以外と(英語さえ問題なければ)普通にかんたんにサクサク
解けちゃうんですよね・・。ただ、単語がわからなくなったり・・と。

コーチのジョアン先生はいってました。
「アメリカ人と外国人と同じ点数を求めるのは厳しいわよねえ」って。

実は今回、ちょっと嬉しいことがあって

このIIN,一人一人にコーチがつくんだけど、「決まった日と時間」にしか、基本、コンタクトは
取ったら駄目みたいです。

この試験の前が、最後の電話セッションで、ジョアンが最後に
「もし、テストのことで困ったら、電話しなさいよ」といってくれて

案の定、追試となったので、急いでメールはしたのですが、応答がなく。

時間もないことから、自力+けいこさんの復習補助で、受けてしまった後、
ジョアンから、週末はメールがチェックできなかった、問題があったら、いつも通りの土曜日の
時間に電話してくれていいよ!と連絡がきて、

自分でできたよ!ってメールはしておいたんですが、
こうやって、心配してくれたジョアンの親切に、嬉しかったんです。

最初は、言葉の問題があって、どうしようか、と思っていたんですが、蓋をあけてみたら
楽しく8カ月、話すことができたし、彼女との会話で、気がついたことは沢山ありました。
ジョアンが担当についてくれて、有難かったです。

いい先生を選んでもらえて、IINの(機械)に感謝。たぶん自動選別だっただろうから。


そして、今日は夏のボート練習の最後の予定でした。

昨日からの強風と雨で、天気はパッとせず、今日の夕方はかろうじて雨は上がっていたのですが
風が強くて、とてもわたしの実力じゃあ、漕いで戻ってこれないほどの練習環境。
勿論、お上手な方は涼しい顔して、漕ぎだしていかれておりましたが。

コーチに電話して、キャンセルしたかったんだけど、電話にでないし、仕方がないから
艇庫まで、強風の中30分こいで、到着。
ドアをあけたら、この夏、担当してくれている、エレーヌさんが、座って待ってくれました。

開口一番
「日を改めましょう♪」

あの・・さきほどから、電話とか、メールで、キャンセルをお願いしてたんですけどあうあう、
と話すと、彼女、スマートフォーンを出して、「あ、これ、会社のメールしか見れないんだ♪」と
いわれて、
TUBAKIの最後の練習でしょう、今日は外の状態が良くない、最後の日がこれだと楽しめない
だから、来週、もう一度、ここにきて頂戴!といわれて

ああああ、電話さえ繋がっていれば、強風の中30分の自転車漕ぎもなかったのになあ、と
思ったんですが、「私の最後の練習にはふさわしくない日」といってくれたのも
とっても素敵な言葉だなあ、と、これまた強風の中を自転車漕ぎながら、
足はつかれていたんだけど、気持はなんとなく、るんるんしてました。

ジョアンにしても、ボートのエレーヌにしても
二人ともナイスですよ。

今年は、先生運がとってもよろしいです。

いつになっても、学んだり、出かけてみるって、だから、好きです。

こうやって、素敵な人たちに出会えるから。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-09-08 05:58 | IIN

ひと山越えて

今夜が、IIN NYの総合栄養学校の通信教育、必須カリキュラムである、自分の担当コーチと電話で話すのが終わりました。

英語が苦手な為、
この電話で毎月、50分を話すのが、自分にできるのかと
それが大きな心配で、入学の申し込みをした際に、できれば日本人のコーチをつけてほしいと
そういった要望を出すと、良いという返事はあったものの、入ってみたらば、実は話しがずれに
ずれていたという状態。

結局は今年の1月から、イタリア系アメリカ人と英語で電話で話すことになったのでした。

今話し終えて、

「これが最後となります、ありがとうございました。」というと

ジョアン先生も、「これが最後は残念だわ、次のテストで問題あったら、メールしなさいよ」と
いってくれて、結局はとても素敵な先生に巡り合っていたということです。

どうして、IINに入ったか、たぶん、ちょっと人生を変えたかったのかもしれません。
その前に、どかんと精神的に追い詰められた時期があって、IINの案内を見た時に

半ば何かにすがりたくて、入学の申し込みをしてしまったのが事実。他の方たちのように
大きなモチベーションもなく、語学力もなく、ただ、食べ物のことが好きだから、あと
熱中するものをみつけたい一心であったと思います。

いま毎週自動的に更新されていくカリキュラムをこなさなければいけないのですが
実は興味のないことが見えてきて
でも、それも入らなければ、わからなかったこと。

そして、ぼんやりと勉強を続けてきましたが、自分がその栄養学の中で何に興味があるのか
それがいま、自分の目の前に形がみえてきたのも、
興味がある、ない、を選別してみた結果のような気がします。


そして、IINを通じて、知り合った方や、その繋がりで知った人物から与えられた影響は
大きく、入学した際の動機は、はっきりとしませんでしたが、入ってよかったな、と
思っています。


あ、あと同期?のケイコさんからの情報で
IINで特別奨学金がでるそうです。

http://pineheath.exblog.jp/16435239/

ご興味がある方は、ぜひ、応募してみられたらいかがでしょうか☆

この経験を踏まえて、いま、ここに書けることは

興味がでたことは、なんでもやってみたらいいってことです。


今日、ジョアン先生と最後に話したことは
死んだ猫のことでした。
抗がん剤も薬もやめて最後の3日間、美しい目をしていた、といったら
納得してくれていました。
言葉の問題は多々ありましたが
お互い、病気になったら、抗がん剤治療は受けきれないだろうという共通の意思や
他の興味のあることの共通点があったから、言葉の壁は乗り超えきれたのかなと
思っています。

これも、有難い出来事でした。

IIN,後半、わたしはどう進めるか、まだ未定ですが
気持に正直にやっていきたいと思います。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-08-21 05:50 | IIN

追試決定。。。

今週は、通信で取ってるIIN(アメリカの総合栄養学校)の二度目のテスト期間中で
一昨日、受けてみたらば、見事に合格ラインへと到達しておりませんでした。。

追試を本番?と考え、挑んだテストでしたけど、何もほとんど見ずに答えを考えて
半分は正解であったことから、テスト後に復習を兼ねて、追試の為に学習しているのですが
追試となって、再度、勉強してみたら、ああ、大事なこと、いってるではないかーとふんふんと
お勉強モード。案外、一度落ちてよかったのかも。

昨日勉強していたところは、クラスメイトのpineheathさんが大好きな講師のところ。他の学生も、このモジュールはすごくいいといっていたのですが、実はよく聴いてなかったのです。

昨夜、聴きながら、ふんふん、なるほど♪と、pineheathさんが、なぜすごく影響されたか、わかりました。
といっても、また、半分しか聴けてないんですが。これから土曜の朝、全部、聴いてしまいます。

始めた去年の12月と比べると
聴きとりやすくなってきたことから、ヒアリングマラソン(アルクの商品ね)も効果あるのかもねえ。と
まったく別のところに考えが飛んでいる。。


今週末は、追試に向けて学習です。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-06-18 16:56 | IIN

とりあえず入ってみてわかったこと

IIN、NYが本拠地の総合栄養学校の通信に入って、はや3か月。

今一つ、やる気がないというか、ただでさえ、わからぬ英語でやっているのに
だらっとしている自分がわかっていたのだけど、さすがに一昨日から、お尻に火が
ついたのか、朝も夕方も、音声の教材を聴きています。通勤のお伴。

リピート、リピート、リピート、いったい何往復したら私わかるんだろ(苦笑)

トランスファット、いわゆるトランス型不飽和脂肪酸の危険性について、第2章では
細かく説明が行われていて、この件に関してはさすが、アメリカだな、と納得。

そもそも、わたしがトランスファットの危険性を意識したのは、
以前、ロンドンにて、住み込み子守をしていた際、お世話になっていたご家族が
NYからの駐在さんで、子供に食べさせるおやつや、食事に、マーガリンなどの
トランスファットを一切持ちいらないように指示が出されていたからです。

アメリカはかなり規制が入っていて、特にNYは人の意識が厳しいと聞き、
それなのに、なぜ、日本は規制がないのか不思議で、そこから意識をするように
なりました。

欧州もドイツなどを始め、トランスファットの規制は厳しく決められています。

ないのは・・先進国で日本くらいじゃないかな。

安価な油として、市販の菓子類にほとんど入っているし
その規制をしないまま、健康診断や医療費、メタボ診断など国の医療費は
上がる一方。

つまり、お風呂の栓をしないまま、水を流し続ける状態と一緒で
一方を無視して、よりお金がかかるほうに肩入れしている状態を見て
やっぱり日本はおかしいと思うのです。

などなどを考えながら、勉強するのは、やはり、思い切ってIINに入ってみて
よかったなと思ってます。

私には、これは合わない!っていう内容のものもよくわかったし。

しかし、これだけ熱心に勉強している人がアメリカ国内にはいるのだから
米国内の肥満からくる疾病の人間が減ればいいのになあ、と希望を持ちつつ

そんな時、友達から一言。

ジェーミーオリバー(イギリスの人気シェフ)が子供たちの給食を変えよう!キャンペーンを
米国でがんばり、番組第二弾を作ろうと思ったらば、自治体からNOがでたらしいです。

理由;給食費をこれ以上上げきれない。


その、補助金の額を聞くと、一人1ドルにもほぼ満たない虚しい額。

イラクに人間おくって、昨日からかリビアも空爆して、爆弾買うお金あるのに
なぜ、給食費の補助金がこんなに貧しいんだ・・・・。

この世の矛盾を考えると
次から次にでてくる矛盾のチェーン。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-03-23 06:43 | IIN

脾臓、ヒゾウ。

数秘の授業にはまっていたら、
すっかりIINの学習、遅れてます(汗)

ああ、大金が、飛んでいく(涙)
部屋に一か月、いくら掛かっているのか張り紙しようかと作戦中。
意外とこの紙のほうが

タイムマネージメントの講習聞くよりも、私には効果てきめんかも。

時は金なり♪ なんちゃって。



数日まえ、クラスメイトのpineheathさんから、これ、おもしろいよ~と教えてもらった
教材の中の一つ、中医学っぽい記事。

脾臓ですか~。おもしろそうだけど、ちらっと見ただけで

なんかしらない単語満載だなあ、と思いつつ、
数秘、前半、授業終わった今日から、特急レベルで遅れを取り戻すべく
読みはじめて、いま、休憩中。よってブログ書き込み時間です。

おもしろい!

そーいえば、カンゾー先生って映画ありましたよね。


一言でいうと

膵臓は神秘的な臓器でございます。

この記事も、たぶん、Pineheathさんからの連絡なければ、完全、ぶっ飛ばして
次進んでいたと思うので、感謝です、ありがとうございました。


海のものとも、山のものともなるかわからぬ、ヘルスコーチになるか
それも目標定まっていないワタクシ、せめて、払った分だけでも取り返す
勢いが、自分に欲しい。

一言、本日の感想を。
あー、読み疲れた。。。。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-02-14 06:03 | IIN

一度目の電話セッション終了

IINの生徒になり、昨夜(NY時間はお昼間)の21時半にNYにいる、自分のコーチに電話をしました。

カリキュラムの中で
8回ほど、このコーチと電話でセッションというのが義務になっており、
とりあえず、一度は無事終了。


何年ぶりか、「アメリカ人」と話すの。。。
英語といえば、隣の国のイギリス人か、外人同士の英語だったから
調子が狂う。とにかく、コーチ、明るい~。

一昨日、ご飯した、フィンランド人のアンさんは、昨日の午前中に、電話でセッション
したらしく、すぐにメールで状態を教えてくれました。

「まー、なんというか、アメリカ的なオリエンテーションだったわ~、でも楽しかったわよ」

と報告が飛んできて、

ナルホド、アメリカ的なオリエンテーション、ね。。

私は、夜21時半からだったので、とりあえずお風呂入ってリラックスして
電話の準備。なんせ、アメリカ、遠距離はスカイプ使わないとお金ないし・・・。


私の先生も電話前でスタンばっていたのか、1コールであかる~いせんせーのお声。

スタートが

イギリス人の英語と違うなあ、、、とシミジミ。

ということで、第一回目のセッションは、世間話の50分で終了しました。


お互い様子見って感じ。

その・・昨日、一昨日、やっと気がついたのだけど

英語って

場合によっては、軽く話せるのねと。。。(オイ)

仕事になると
契約書とか
やれ、お金の話しとか
金額が大きいだけに、異常に気を張ってやってるもんだから

楽しむってことを私、たぶん、知らなかった。。

一昨日、フィンランド人のアンと楽しく話していて、お互い、趣味や
勉強の方向が同じということから、話しもはずんで
英語、まったく問題ないじゃん、なにいってんの、といわれ

「あ、そう。。。。」というのが私の反応。力抜け~。

と、同時に

あの、、、、

会社の皆さんの脳みそが発達しすぎているんだ。。。と納得。

あんな難しいの、普通のアメリカ人が読んで、応対せよといわれても
専門職じゃない限り、ありゃ、無理だわ、だから私にも難しいんだと
今頃、わかりました。


正直、学校から届いた本を読んでも、妙にページが進んでいき、
読みやすい。おかしい、この私がこのスピードで英語の本を読んでいく
つまり、急に私の語学力がアップしたのでなく

教科書に、いわゆる「文法」らしきものがみえない、関係代名詞とか
過去完了とか、そんな、頭を過去悩ませたものが。。。

でも、同時に解るのが
海外留学して、この軽めの英語でベラベラになっても、いざ、企業で働こうと
しても、門が閉ざされる現状も解る。

軽いノリで話せてもそれはなんら力にならない、仕事でお金稼いでこなくちゃいけない場合
ネゴって契約とって、契約書交わして、世界中飛び回っている人には
それなりの実力が必要だってこと。


なるほどな~と

まあ、これは自分の考えなんだけど

とりあえず、今年は、楽しく英語を使用する!ってことで
決まりですね。これ、私の今年の標語。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-01-23 19:22 | IIN

世界は広い、そして世界は狭かった。。

IIN,アメリカの栄養学校の通信教育を開始して、はや2週間。

今夜は、お初の自分のパーソナルコーチと電話セッションの予定です。

はたして英語でどこまでわたし、話せるんだろうかと2か月前は頭抱えてたけど
なんか、それもどーでもよくなってきて、リラックスモード炸裂★

開き直りというのか・。自分でもいい感じです。


この通信教育のクラスメイトには、pineheathさんという、日本人もいらして、彼女とはスカイプやメールで連絡を取り合って、私は彼女にいろんなことを教えてもらっています。
どちらかというと、わたしはなんでも疑問から入るタイプ、そして、Pineheathさんは、そんな私とは違う性格で、そちらから頂けるコメントは、落ち着いて頭がよく切り替わるのです。

ああ、だから、カウンセラーって必要なんだな、と思えたのです。


この学校の生徒の多くはアメリカ在住の人で、当然ながらアメリカ人も多くて
やはり、文化の差の壁が大きく、こりゃ、どうしたものかな、と人間観察入っていたのですが

生徒のプロフィールを確認している時に、

オランダ在住の生徒を発見。すぐにメールして、お互いがどこに住んでいるかを
確認して、かなり近いことから、ビックリしました。

私はオランダ在住日本人。
あちら、アンさんは、オランダ在住フィンランド人。

昨夜、一緒にお夕飯を食べながら、いろんな話をしました。

そして、初対面ながら、私が思っている学校に対しての不安面や、期待すること
あまり否定的なことを話すのはよくないな、とわかっていたのですが
正直なところをぶつけ、アンに意見を求めると

彼女いわく
わたしたち、欧州住まいと米国住まいの人間はバックグラウンドが違う
から、TUBAKIのいっていることはわかる。時に自分にとっても
不自然だと思われる言動があるのはわかってる、といわれ、

物事には、たぶんねー、ネガティブなこと、ポジティブなこと
両面あるでしょう、それが人生ってものよ、でもね、私たちには
いつでも、なんでもチョイスができるのよ。
だから、様子を見ましょう。

ってことになりました。

アンは
バリバリのキャリアウーマンで
海外飛びまわっていて、いろんな国の人間を知っていて
だからこそ、文化の差を理解してくれて、
私にいいことを教えてくれました。

なんでも私たちはチョイスができるのよ、様子を見ましょう。


そして、驚くことに
アンの甥っ子(フィンランド人)は日本語べらべららしく

もしフィンランドに旅行にいきたかったら
甥っ子がいるときにいくといいわ、と

急に行く気満々。

マリメッコ、わたしを待っていて!!!と気合い十分。

しかし、おもしろいのは
世界は広いのに
実際は、探していた人が隣町にいて
お互いはアメリカの教育機関に所属していて
お互いオランダ人でなく

甥っ子は日本語がべらべらで

一体、ここはどこですか。。って宇宙的な気分でした。


Pineheathさんとも、遠くに離れていますが、郷里も近く
共通点もちらほらと見えていることから


このIINに入学してから、なーんか、おもしろいことが起きているので

今年は楽しそうな予感もしれます。


で、勉強は。。。。。(笑)
[PR]

by tubaki_hana | 2011-01-22 21:24 | IIN

見方いろいろ

今朝、通勤の際に勉強しようと思って、学校から届いた教材をバックにいれて
家を出ました。電車の中で読んでると、また朝だし、頭はぼーっと。
わからない単語があったので、あ、ネイティブのお友達に聞けばいいや!と
思って、午後に、テキスト開いて、「これって意味なんだっけ」ときくと

彼女は、本をみて、ギョッとした様子。

ぱらぱらとめくってみて、ゆっくりと顔をあげて一言

Tubakiは何が勉強したかったの?といわれました。

あなたが勉強したいって、わたしに語っていたこと、何一つ載ってないわよ
このテキスト。それに、Tubakiと知り合って3年以上。あなたの性格や行動
好きなことはなんでも知ってる。

これが、あなたのやりたいことなの?よく考えて。

といわれました。

このこと、ここに書くのは、正直、迷いましたが、自分の日記であるので
書きます。

Tubakiが料理が好きなのわかる。栄養勉強したかったのわかる。

なによ、これ。この本には、お客のとりかた、スケジュールの組み方
ウェブの作り方、そんなのばかりじゃない。

なにがやりたいのよ。と真剣に言われて

私の口から出た答えは
素直に「あなたのいう通りだと思うのよ」って自然に返事がきました。


でもね、一度やるときめたし、お金も払ったし、結果はどうであれ、やめる気は
ないし、もう、お金ももどってこないわよ~♪というと

あー、このお金で旅行は三回は行けたし、あのバックも、あれもこれも
買えたのよ、といわれて、
もともと、わたしは、こういった、代りになにか、の計算をもともとやらないので


「あのね、もし失ったお金があるとするとね、それはまた一生懸命働くの
そうすると、またコツコツと貯金するでしょう、それでいいのよ」

とわらって返事をすると、その気持ちがわからない~とあちらが悩む午後。。。

まだ始まってもいないしね、結果はまだわからないけど、あなたの言ってること
正しいわよ、って。お金を払い込む前に英語でリサーチした際、10人中二人は
恐ろしいほどに否定的だった、だから、あなたが三人目ね。っていったら、

あー、なんで、そんなに落ち着いていられるのおおおって、私は悩んでないのに
なぜ、他人が悩む(笑)


でも、彼女がすごいことを言ってくれたんです。
その一言がずさっと来ました。そしてずっと忘れたくない言葉。


「日本はね、古代から続いてる民族。ずーっと続いてきたの、昔から今まで。
それがいかにすごいことか、わかる?健康である方法は日本人はとっても
よく知っているはずよ。それをなぜ、あなたはアメリカのように歴史の浅い
国から学ぶの?」


これ、日本人がいったのではなくて、私の友達(ヨーロピアン)です。
わたし、もう、これを日本人でない、この人に教えられたことが、正直、
ショックでした。


「ありがとう、言ってくれて」ってお礼をいいました。

たしかに大金を失うのかもしれないし、数カ月後に明るいなにか、答えが
すこし見えるのかもしれない。でも、一ついえるのは、
この後は、さらに勉強を続けることが私の義務。

終わりはたぶん、ないんですよね。


本当に、今日、いわれたことは、教科書以上にすばらしいアドバイスでした。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-12-11 06:55 | IIN

そして、今日の気分は

なんか昨日のウェブ上セミナーで、人の話しきいてたら、たぶん全部はわかって
なかったと思うのだけど

アメリカ人って明るいの?か前向きなのか、それって長所だよね~とも
思うし、あの勢いで、「心配」とか「アドバイス」されても、ニホンの私には
ちとキツイ展開のような気もするが、まあ、ここは、一つ、ワールドワイドな
社会見学と思ってがんばるしかないですね。


いや、人の聞いて「まあ、明るい」とか思ってる場合でないんです。わたしも
来月から人さまとお話せねばいけない身、勉強しなくては、いけないのに
ブログなんか書いちゃって~。一夜漬けで受験も通ったこの体質、
コツコツ学ぶということを知らぬ自分に、コツコツ型になるように
変化させようという神様からのクリスマスプレゼント★


今朝、同僚に

「昨日から、急にイギリス人がみんな、知的に見えてきたかも」といったら

正直、ひかれてしまいしたが

アメリカ人のマシンガントークに怯えている私を目の前にして

たしかに、アメリカ人の先生が担当している英語のクラスとイギリス人が担当する
英語のクラスはすでにクラスの雰囲気が違うもんね、、、と一言。
アメリカからいらした先生はオーバーアクション。それに対し、イギリス人の先生は
静かに授業を進める、それを考えると、Tubakiのいっていることもわかる。。。

でも二人して、「いまは、しのごのいってる場合でないのよ、
私には勉強が控えているんだから、人間観察ばっかしてる場合でない!」と
真剣にべんきょーせよ!と指令が飛び、やっと昨日届いた、教材をひも解いて
ただいま、充電中。。。

しかし、この最新の方式。10年さきとか、もう学校いかなくても
家でよさそう。

て、ことは、会社もいかなくてみんな、家でやれますよね、セミナーも会議も
ネットで全部できるし。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-12-09 05:44 | IIN

そして私は学生に

IINの2011年度1月スタートのクラスに入学いたしました。

まあ、申し込みに至るまではいろいろとありまして、

こんなはずではなかったのにあ、、トホホと思うこともありましたが
それもまた過去の話し。申し込んだからにはやるしかない!のだ。

いまや、わたしは文化の差のギャップにどっぷりつかり、
アメリカの教育ってこんな感じなのかなあ、、と感心するというか、放心状態に
なるというか不思議な状態です。

数年ぶりにあの方のセリフを思い出しました。

ロンドンに住んでいた際、とってもお世話になった家のママは

Tubakiさん、世界は広いのよ、ここで常識、あちら(アメリカ)で非常識、そんなことは
沢山あるわ、覚えておいたほうがいいわよ。


そんなことを数年前にいってくれたママさんは
子供のころから外国暮らし、NYを拠点にされているけれども
いろんな国をめぐって経験上、そういって下さったのですが、

まったくそうだな・・(苦笑)


学校のカリキュラムとか、内容みるよりも、集まってきた学生さんの
プロフィールをみつつ、すでに人間観察に入ってしまい、
いったいこれからなに勉強するんだっけ←オイオイ::::

そもそも、たしかに肥満に関係することには昔から興味あったし
勉強してみたいと思ったのも入学の一つの理由。

でも、よく考えると、米国人の肥満と日本人の肥満のダイナミックさが
違うと思い始めたのが先週。


で、なんで、ここにいる私←今ここ。


そんな私には、日本人のクラスメイトがいるのです♪
郷里も近いし、親近感満々。昨日、スカイプでいろいろと教えてもらって
たいへん参考になりました。それにとても興味のある話しが続いて
楽しかったんです。なかなか、自分の興味のある分野の人に会うのは
難しく、だから、入学してよかったなと思えるのは、この方にお会いできたこと。

しかし、その話しの中でも、やはりアメリカと欧州はまったく
性質が違うということに気が付き、

さて、わたし、これからどうするべか、、とまた考え込む。

普通、お金払う前に熟考するだろに、わたしはピンとひらめきで入学したもの
だから、でも、たぶん、必要だから、入ったんだよね。これから何かを
探します。この学校で。


で、さきほど、新入生対象のウェビナー(最初わからずにネットで調べたらウェブ上のセミナー
なんですね。ハイテクについていってないんですが。)に参加して、アメリカ人のベラベラ英語を
聞いていると、本当に自信満々。正直、すごいな、と思う自分。

卒業生が勢いよく話している途中で、音が聞こえなくなって
わたしのPCが壊れたかと思いきや、テクニカルぷろぶれむ~とチャットで流れてきて
再開されたものの、うまく復旧せず、最後は生放送状態で学校のスタッフの音声が
流れ、ごめりんこ、で解散。

しかし、これがアメリカなのかね~と思ったのが

みんな、夢は大きく!

とか、いわれて、

おおおお、これはどこぞのネットワークビジネスの人の言葉にも似ているなあ、と
もう、私の頭の中は、カルチャーの違いの分析に燃え上がっているのです。

で、勉強は?
[PR]

by tubaki_hana | 2010-12-08 05:04 | IIN