<   2010年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

銀色夏生

偶然に目にした、銀色夏生さんの詩。

うわあ、なつかしい。




d0175589_539189.jpg



YOUTUBEの画面にでてくる、夏生さんの詩に見覚えがある。

次は、もう画面に言葉がでなくても

口からつぶやける、すごい記憶力。

(学校でならったことなんか、覚えてないのにね・・)

もう20年前読んだ詩なのに、

次から次に思いだせる。不思議、20年読んでないのに。また私の本棚に
あるのかな。。




すこしだけ息をして
どうしようか、と考えた。



立ち読みしていた本屋を思いだす。
あの頃、お小遣いが少なくて、読みたかった夏生さんの本がでると
立ち読みして、その後、お小遣いでかったわたしの宝物。

まあ、あの青くさい詩は高校生にぴったりなんだけど

大人になって、夏生さんの本も詩も忘れてました。


やはり、私は詩が好きだな。

いまは、漢詩にはまっちゃってるけど

夏生さんの、なつかしい詩もまた、心にしんみりくる。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-30 05:49 | 言葉

昭和の音、におい

自分で撮った写真の中で、一番好きなのがこちら。


昭和が残る一枚です。

d0175589_513452.jpg



長崎県の軍艦島に、もぐりこんだときに撮影した一枚。

1974年に無人島になり、当時のそのままが残っている貴重な場所です。


携帯電話の電波もコンピューターの電波もありません。
ただ聞こえてくるのは波の音。

すでにわたしたちの生活からは取り戻せない、大切な空間がそこにあります。

今でも人の生活が残っているような
となりの家のおかずが匂ってきそうな、その空間にいると

ずいぶんと、現代は窮屈な生活をやっているものだな、と思いました。

電波を感じないって体がわかるんです。

そこに波の音と、はるか昔、30年以上前の人の生活が想像できて
自分がどこにいるかわからなくなる不思議感覚。。。


仕事中、あ、電気が切れる!って一秒くらい前にわかるのですが

切れた時の次の瞬間、体が解放されたような感じ。

周りの人間は怒り炸裂なのですが、

わたしだけは、ああ、体がゆるんでるなあ~って喜んでます。まさにあの島と
同じなのです。

電気が切れた!切れた!とは職場で騒げないので、

人の見えないところで、にやり。

あー、解放されたぜい!って感じです。


この写真をまた載せたのは、

昭和を思い出したから。

大好きな、昭和弁当さん
の毎日のお弁当、なつかしい、赤いウインナーに、おにぎり。

ふふふ、なんか、見るだけで元気になるな、

あのころに帰りたいなと思うと

やはり行きつく先はこの写真なのです。

もう戻すことのできない時間や空間はあるのだけど
それを忘れずに
自分の生活スタイルを考える、また、心に残っているあたたかいもの
思い出、ちょっぴり悲しい思い出もまた
ある人はお弁当にしたり、ある人は写真におさめ、ある人は自分の心の中で
大切にする。

そんな姿を見つけた時

とってもうれしくなります。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-29 05:22 | 生命力

楽しいお買いもの

先日、新しくお友達になった方に買い物に付き合ってもらいました。
なかなか買い物に出向かない場所でしたが、その人の案内で、
楽しくお買いもの。

運河沿いを歩いていると
ここに入りましょうよ!と素敵なお洋服やさんへと案内されました。

なんでも、最近は雑誌にも出ているとか。。

こんなところにも最近来てないなあと思いつつ、素敵なお店なので
いろいろとお洋服みていたら、一枚、素敵な服が。

お友達も
「来てみなさいよ!」とお勧めされたので、試着しました。

腕と足が思い切りでていて、普段の私とは別人。

試着室からでてみると、
自分でも鏡に映った姿にびっくり。

あれ、これ、わたしだっけ?と。

ああ、これ買います、買いますと、盛り上がったんだけど

いつごろから、私は足をみせなくなりました。

わたしの体型は10代、20代最初は、自分でいうのもなんですが
かなり整った体型で、お直しも必要なかったし
すらっとしていたんです。

それが時代と共に贅肉もつき、現在にいたるのですが

自分の体を包み隠すようになった理由は

電車や路上でなど、知らない人に触られたり、抱きつかれたり
したいわゆる痴漢行為を数回、経験してみると
腕や足を出すのが嫌になりました。そのくらいに気持が悪い経験を
しているのです。知らない人に触られる気持の悪さ。

足を出さない私に
人は、せっかくだから、綺麗な足しているのだから
出しなさいよ、といわれるのですが、

その度に
膝に傷があるから、出せないと、ごまかしてきたのですが
最近、その膝も綺麗に治ってしまったんです。


鏡に映った自分に

もう、怖がるのはやめて、楽になれ、と
言いました。

「ほらね、あなたのまったく違う部分が見えるでしょう」と

試着を勧めてくれたお友達。

それでいいのよ、かわいくして、いいの、と呪文のように
いわれてなんか、重たいものが外れて
まったく気分が違う。

なんとなく、解放された気分。

そして、できれば、元の体型に戻したい、と。

もっと軽々としていた気持も体も。日常のストレスなどですっかり
崩れてしまった自分の姿に

素に帰ろうとつぶやく。


買い物が終わった後にメールでお友達にお礼を言いました。

無駄なもの買わせちゃったかもしれないけど、と返事でしたが

本当に素敵なお買いものでした。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-26 04:23 | 生命力

奢れるものも久しからず~JAL

今日のニュースで日本航空が整理解雇を始めたと読みました。

知り合いにもJALで働く人がおり、
複雑というか、どうして、こんなにJALが腐れてしまったのか
理由は沢山ありすぎて、(沈まぬ太陽読んだら、納得なんだけど)
あっという間にローマ、アムステルダム線は撤退、
何年もJALを利用してきた人間にとっては、寂しいというか、あっさり
撤退したもんだなといったところ。


先日、食事をご一緒させていただいた方が、長い海外生活の中でJALを
利用されてきたそうなんだけど、バブルのころだと思います、国際線での
客室乗務員の態度の冷たさに驚いた経験があったそう。


それなのに、民事再生法の報道がなされる直前あたりに、成田の搭乗口で
従業員がずらりとならび、申し訳ございません、と頭を下げておられたそう。

昔から、ああやって腰低い態度で応対していたらねえ、こんなことには
ならなかったかもしれないのに、との会話でしたが、まあ、これは半分冗談とし
無駄に作った空港とか、労働組合の利権問題、天下りと
もう、たぶん、沈まぬ太陽書いたあの方も続編かけると思われるネタが
山のようにあるのだと思うんだけど、

一番お気の毒は、現役で働く地上係員や事務、パイロットや客室乗務員でしょう。

パイロットや客室乗務員の給料が高いといわれていますが
(JALは他社より高いとは聞いてます)

長年、飛行機勤務で長時間、上空ライフになると、内臓疾患、女性であれば
子宮などに悪影響らしく、体にはいいとはいえない職業らしいです。
内臓移植の対象者にはならないともききました。

それを聞くと、まあ、給料高くてもしかたないなあ、と思うのですが
やはり公的資金入ると、飛行機利用してない国民からの税金も投入されているので
給料カットに、従業員削減は当たり前と思うんですが、他に切るところないんですかね。

嵐ジェットも、飛行機止めてペイントして、あれも相当お金払ってるでしょうに。


気のせいか、成田の国際線のJALカウンター、空いているところが減っているようだし
それだけ人を減らしているんでしょうが、ここまでくると、飛行機の整備とかに
不安を感じるのは、私だけでないはず・・・。


思えば、幼馴染のA君は、子供のころから機械好き、飛行機が好きで
高校の時、バレー部のキャプテンだったのに、進学を真剣に考えて
途中でバレーも辞めちゃったんです。辞めた理由もだけど、キャプテンが辞めるなよと
ボコボコにされていた記憶があります。それでも浪人して、大学いって、

それでも夢のパイロットには届かず、今度は米国いって、
あきらめなかった、あの人。お互い、ぷーたろーの状態の時に偶然本屋で会ったのが
28歳くらい。

「僕もまだ夢には届いてないよ。。」といわれて、お互いがんばろうな、と
励まされました。

後、メールがきて
前に進めなくても足は止めるなよ、横でもいいから動いていけよ、と
いわれたあの人は
その後、夢の職業に就き、コックピットから見る空は格別だ、と喜びの
メールがきました。その後、結婚もされ、連絡は途切れましたが
この整理解雇のニュースにこの人がひっかかってなければいいが、と祈る自分がいる。

前に進めなくても、足は止めるなよ、ってその言葉
いま、このひとにお返ししたい。

この人というか、いま、解雇の不安に押しつぶされそうになっている方たちに
足は止めないようにって
お伝えしたい。

これはJALだけの問題でなく、社会全体の問題だから。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-25 07:17 | 生命力

かきあげの思い出

今夜はめずらしく、かき揚げを作りました。

思い出の一品です。


前のブログには、書き連ねていましたが、私は一時期、ロンドンに住んでいました。

貧困学生だったゆえ、住み込みで昼間学生、朝、夜、5歳の男の子の世話
お手伝いさんの手伝いという、いわゆるお金持ちの家の息子さんの世話を手伝う
変わりに家賃と食費が免除されていたのです。

おぼっちゃんはイギリス人と日本人との間に生まれた子で
NYからロンドン駐在中でした。

家族の朝ごはんと夜ごはんも私が担当したのですが
この子、5歳だったのに、なぜかかき揚げが好物で

時折、かき揚げを夕方5時ごろ作っていると、ママと戻ってきた
おぼっちゃんが、玄関から

「かき揚げの匂いがします~」と喜んで台所に走ってきていた
私のかわいい男の子。


かき揚げが好きだったあの子は今頃、NYの大都会の中で、

なに食べてるんだろう・・・。

私にとって、彼は永遠に5歳のかわいいまま、すでに10歳をすぎて
赤ちゃんだったあの子はもういないんだなあ・・と思うと今でもしんみり。

そう考えると、
男の子の母が、ガールフレンドができたとか、結婚すると息子にいわれて
寂しいわあ、といわれるのもなんとなくわかる。


日本にも時折帰り、おじいちゃまに度々、美味しいお刺身とか
ごはんとか食べさせてもらっていたせいか、みょーに、わさびが食べたい
とか、おいしいお魚、食べたいなあ、とか、君、ロンドンのど真ん中で
いわないでくれる??といった調子でしたが、

毎食、毎食、朝からのおしゃべり、お夕食で一日あったことを話してくれながら
食べていた彼のことを考えると

改めて、食事は大切だな、と思います。

ママさんも当然、同じ食卓だったのだけど

私が作った食事に文句をいうこともなく、一年、がんばって食べておられました(笑)


お寿司をつくると、おぼっちゃんは値段を書いて、一皿、一皿に
紙を置いていき

クッキーを焼く時は、粉だらけになりながら、気がつくと4時間経過。

なんでも、時間がかかるのだけど

じっとこらえて、見守る大切さ

今、思い返すと、お金では得れない経験をロンドンでしたのでした。


絵を描く時に、言葉をかけずに同じ部屋で、過ごす。

すこし動くと「どこにいくの?」といわれて、お洗濯部屋に洗濯機
みてくるから、すぐにもどってきますよ、というと、安心したように
また色鉛筆を握る子。

なにを話すというわけでもなく、同じ部屋にいて、座っているだけ、
満足そうに出来上がった絵をみせてきて

説明してもらうと

話しが進んで、また、世界が広がる、

彼はアドバイスを欲しがっているのではなくて、
自分が何を考えているかをとにかく説明したい、

なるほど、なるほど、と話しをきくと、その日、一日が幸せ。


地味な作業ですが、これがとても大切な時間だったのだな、と思います。

昨日、日本から届いた本の中に、家族の勝手でしょう、という
普通の家の食卓の写真が載っていたのですが、これって冗談ですか?と
思えるような、雑な風景に、

「これって普通の範囲」とかかれていたことは驚きでもありました。

面倒だ、母親も自分の時間がほしい、と連ねてありましたが

実は、なんでもない、日々の作業が、子供のインスピレーションを育てる
大切な時間であることに、すこし気がついて欲しいと思いました。


子供を持たない私がいっても説得力はないと思うんですが

おぼっちゃんと過ごした時間の中で、彼の育っていくインスピレーション
学習能力の高さ、どれをとってもどの子よりもずば抜けていた
秘訣は、日常生活の中にあったのだと思います。


私と、おぼっちゃんの名前は、水と葉。

「あのね、ぼくとおねえさんはね、お水と葉でしょう、僕は水に浮かぶ葉っぱだね」

by 5歳。


詩的なこの一言に、

ぐっときたのでした。



7歳になった彼に会ったとき、二人でレストランで食事して
綺麗にお行儀よく、食べてしまった時に

お上手になりましたね、もうお姉さんのお手伝いいらないんだね、と
言ったらば

いつまでも僕が赤ちゃんだと困るでしょう?と切り返された時は

しゅん・・・としょげてしまいましたけど(笑)
[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-25 03:20 | 外国の暮らし

いい日もあれば、悪い日もあるさ。

あう、真央ちゃんの元気のない顔、わたしまで泣きたくなるわ。。。


d0175589_3585674.jpg




ワースト点数更新しちゃったらしいけど

滑りこめば、例年通りに完成するってわかっているから

心配はしないし

そんな、いつも「完璧」機械のように滑られても、人間味がなくて
おもしろくないもんね。

いつも、真央ちゃんとか安藤美姫ちゃんの天国行きと時折地獄行きの演技には
ハラハラさせられるけど
それでも、心折れずにがんばってるのは、本当にすごいと思います。


彼女たちの精神状態はすごいと思うし、真央ちゃんに関しては
この例年の異常採点で、理不尽なことに数えきれないほど泣いたと思うし
実力があっても勝つのが難しい状態、片道切符で飛び出していった
オリンピックの舞台、見事に散ってかっこよかったわ。。

それでも自分の演技するって
すごいことだと思う。

失敗や負けた事にフォーカスするのでなくて
見事に散っていくのも、どかーんと勝負かける心意気もとっても大切だと
思うんです。


昔、トリノオリンピックの際に美姫ちゃんが
四回転飛んで転倒したのは、いろんな意味も含め、非難の対象となっていましたが

「いやー、わたしが彼女であれば、わたしも四回転、トリノでやってるわ、
 地球上で、まだシニアで女子が四回転、公式に認定されてなくて、もしかして
 自分がと思ったら、やるでしょう」といったらば、友達は

え、そう?っていってましたが


跳んでみないと、成功もしないんですよ。


当然ながら、失敗もありますけどね。

それで駄目なら、そういうことで

さくっと頭切り換えることも大切だと思うんです。


いつも、凹んだときは、フィギュアの動画を見ます。失敗連続しても
跳び続けるその姿に、自分もなんとなくもうすこし、がんばってみよう
って思えるから。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-23 04:09 | 生命力

高野山の精進料理

いつのころからか、菜食に興味を持ち、普茶料理、マクロビオテックと
うろうろとしたものだけど、その中で、昨年か購入していたのが
こちらの本。


高野山の精進料理

d0175589_403079.jpg



弘法大師が開創されて1200年、真言密教の世界。

その中で受け継がれてきた精進料理の数々が本の中で紹介されています。


最近は健康志向もあり、ベジタリアン食が注目を浴び、料理家も
多いのですが、その多さに、時折、商業的なものも感じるし、しっくりこない。

ハリウッドのスターたちもマクロのプライベートシェフを持つくらいに
はまっている世界だけど、なんか、最近、方向がよくわかんないのが
正直なところ。


釈迦が説いたといわれる

精進
なまくさ

とは、

単に肉食をしないこと、臭いの強い植物を食さないというだけの意味ではない、
経典に、「なまくさ」の説明として


「なまくさとは、欲望を正しく制することのない者、殺生すること
 盗むこと、言慎まないこと、嘘をつくこと、詐欺をすること、
 不倫をすること、粗暴で無礼であること、友を裏切ること
 無慈悲で傲慢であること、怒り奢ること、頑迷なこと」


 これらが、なまくさである。肉食することが、なまくさではない。


自分を含め、世の中、なまくさな人間だらけで
菜食したところで、心身、なまくさな人間、沢山いるでしょう。


食べることで清くなろうなんて
傲慢で、ちょっと人間奢ってる。



この本を久しぶりに本棚から出して、読んでみて
自分の俗っぽいところや、見えてなかった、情けない部分など
考えさせられました。


また、この本を通じて
自分がやりたいこともすこし見えてきたような気がします。


本の中盤、お膳の写真が沢山でてきます。

お呼ばれされた僧侶は、ほんの僅かを口にして、他のお料理を
折詰に詰めて、持ち帰ります。
自分だけ、ご馳走を頂くのではなく、寺の僧にも平等に分け与えるのが
この世界の礼儀なのです。


たぶん、結婚式とか仏事の時に、すごいご馳走がでてくるのは
昔、こうやって一般人でも折詰に詰めて、家族に持ってかえっていた風習が
あったのだと思います。

たしかに、わたしが子供のころは
父や母が結婚式などにいって、折詰に詰めておかずを持ちかえりして
くれていました。

きっと、私たちが好きなものには箸をつけずに
折詰に入れてくれていたのだと思います。

今は、気温が上がりすぎていて(これも人間のエゴが理由のひとつ)
食中毒などで、折詰は無理になりましたけど

それならば、全体的にもてなし料理の量を減らすべきだと思います。

あの量の基本は「家に残しているものに、ご馳走を持ってかえる」ための
もので、現在はそれが無理なのです。

盛り合わせたものをダラダラと時間をかけて食べる、お酒や飲み物も
増える、当然ながら、体は全身、ごみ箱と化す。

もちろん、結果、病気になりやすいからだになるのではないかなと
思うのです。


昔の「持って帰ってあげよう、だからお箸をつけるのをやめよう」って
気持ち、とっても大切だと思います。

それを取り戻す生活をするのが
いま、必要なんではないかなと感じています。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-19 04:19 | 生命力

zazen-kai 座禅会

静かな日曜日の朝、5時半に起きて、身支度を整え、家を出たのが5時50分。
真っ暗な中、自転車に乗って駅までいきました。


こんな朝焼けみえるかな、と思ったけど、全然(苦笑)

d0175589_1554780.jpg



オランダの電車は自転車が積めるので、自転車持参で短い旅です。

6時半に到着して、それから20分間、自転車で座禅会の場所までいくのだけど
この時点で太陽が昇ってないので、真っ暗。

地図を街灯の下でみながら、古都の煉瓦道を自転車で通っていると
そこは昔、3か月ほどすんだことのある場所で、

あれー、懐かしいなあ、と思いながら、暗い道を進みました。


到着した場所は曹洞宗派のオランダ人禅僧の家(寺?)

すでに数人きていて、禅に興味のある方なのか、わたし、お経読めないのに
みんな読んでた(汗)

日本人の立場なし・・・。


7時からお経を読むのが始まり、その後、座禅。
今朝は寒くて、座禅のお部屋も寒かった。。。ああ、お寺と同じ。


今、雑念が多くて、それを消したくて座禅会いったのに
わたしは俗っぽい。いやなことが頭の中を駆け巡る。
一体、何をしにきたんだ私。

気持が無にならないよ・・(涙)


その後、朝食を頂いたのですが、日本の禅寺と同じお作法で
おかゆと沢庵、梅干、それに小さなお饅頭のようなものと、温かい
アンズを煮たもの。

だれも口をきかない、静けさの中で進む食事は
気持よく。


最後にお椀をお湯で洗って、終了。

後半は、座禅だったんだけど
最後は、禅僧が、お話されていました。

言葉の問題もあるので、半分わかんなかったけど

一番大切なのは「今」だと。

今を大切に生きなさい、

座禅も、息を吐く吸う、10秒間の繰り返し、それのみに集中。
今、それをやる大切さ。雑念を取り払うことが
なんと難しいことか。


11時半に終了して
お茶とクッキーがでてきました(ここが外国だな)

話さなかった皆さんも、終わった瞬間、

口を開いて、ああ、話しはするんだな、このひとたちと妙に人間観察。


おもしろいのが、お仏壇のお供え物が
カップケーキ。かわいい(笑)


最後に
朝から頂いた沢庵は、お手製ですか、ときくと、そうだよ、とのお返事。
市販の味でなかったから、そうかなとおもったのだけど
精進料理を会得されているようで、おひるのおかずも一口頂いたんだけど
味付けが、日本。。。

「おいしいです」といいつつ、

失礼したのだけど

朝、真っ暗な中、自転車漕いで、電車にのって、また自転車で暗いうちから
お勤めしてみて、気持はすっきりというか、雑念の多さに

まだまだだな、と確認した日曜日でした。


しかし、禅精神は世界中にひろまっているんですね。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-18 02:11 | 外国の暮らし

進む。


今も、時間は一秒ずつ進んでいく。わたしの行き先はわからないのだけど。
d0175589_348324.jpg



ずーっと前、ある人の誕生日会で呼ばれた部屋に

「痛くても突き進む、あなたが好きです」って書かれたメモが
張られていたな。

たしかにその人は、どんなことがあっても、人生切り開いていた。


今日、ふと、電車の中で思いだして、お元気だろうかと思う日。

思えば、海外暮らしになって

知り合う人、男女問わず、別れの言葉を交わさずにしらーっと消えて行く人も
いえれば、いつかまた会おうと、距離があっても、お礼と共に
そういった一言をかけあえた人のことを思うと、
良い人たちにあったと思うし

反面、ある日から、言葉も交わさなくなった人が、一人でなく
実は数人いることを考えると

日本で住んでいたら
こういったことはあったのだろうかとも思い

自分が悪かったのか、それとも誤解が生じて
そのようになったのかとも考え込んでしまうけど

いまさら、考えたところで
どうにもならぬことは
あまり考えないほうがいいのだろうけど


いま、10年を振り返ると

やはり、何人もの人の顔が思い浮かんできて

いろんな人に出会って別れがあって

それでも、どの人にも会えてよかったんだな、と

思いました。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-16 03:55 | 生命力

資生堂 CM

資生堂さんのお化粧品&シャンプーは15年くらいつかってないんですが

CM、ほんといい仕事してますよね。


d0175589_4244593.jpg



こんな日本のトップ女優ばかり集めてCMして、それでもすごい売上と
いうのだから、シャンプーの原価っていったいお幾らとも考えちゃいますが

このCM,みてると、おしゃれしたくなりますよね。

資生堂さん、ありがとうございます。


この前、実家帰ったときも、お風呂場にTUBAKIの赤ボトルありました。

母もTUBAKI,いったい、日本人どのくらいの割合でTUBAKIつかって
るんでしょう(笑)


鈴木京香さん。中年の星・・・。美しすぎる・・・。

d0175589_4274761.jpg



d0175589_4282963.jpg



竹内結子さんも綺麗。



d0175589_4292330.jpg



しかし、偶然に彼女が昔、NHKの朝ドラ主役やっていた時のビデオ
みちゃって、顔が違う。。。と愕然。

お直し、ちょっとやった??







仲間由紀恵さん、観木ありささんに、もーー、豪華メンバー続々と
でてくるので、毎回、新しいCMが楽しみでもあります。


と、美人談義はここら辺で終了。


凹んでいた気持を盛り上げるには、やはり綺麗なものをみたほうが
いいな、と思い、YOUTUBEにて検索。


わたしもがんばらなくてはですね。


資生堂さん、これからも商品は使うことはないと思うんですが、素敵なCMよろしく
お願いします。


わたしはAVEDA派なので資生堂さんはちょっと使えないんです(苦笑)


今日は、疲れていて、夜、AVEDAのサロンにてフェイシャルマッサージ
うけてきました。足もマッサージしてもらって
時には、こんな贅沢も許せ自分。

ついでに、髪の毛もトリートメントやってもらおう。

来週も予約いれて

わたしの財布は空になっていくのだろうけど、いい気分転換に
なればそれもよしですよね。




名前も涼しげ、顔も涼しげ、広末涼子さん。
このちょっと物足りなさそうな十分美人ってやはり綺麗だと思います。
d0175589_4305017.jpg

[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-15 04:40 | 生命力