<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

見方いろいろ

今朝、通勤の際に勉強しようと思って、学校から届いた教材をバックにいれて
家を出ました。電車の中で読んでると、また朝だし、頭はぼーっと。
わからない単語があったので、あ、ネイティブのお友達に聞けばいいや!と
思って、午後に、テキスト開いて、「これって意味なんだっけ」ときくと

彼女は、本をみて、ギョッとした様子。

ぱらぱらとめくってみて、ゆっくりと顔をあげて一言

Tubakiは何が勉強したかったの?といわれました。

あなたが勉強したいって、わたしに語っていたこと、何一つ載ってないわよ
このテキスト。それに、Tubakiと知り合って3年以上。あなたの性格や行動
好きなことはなんでも知ってる。

これが、あなたのやりたいことなの?よく考えて。

といわれました。

このこと、ここに書くのは、正直、迷いましたが、自分の日記であるので
書きます。

Tubakiが料理が好きなのわかる。栄養勉強したかったのわかる。

なによ、これ。この本には、お客のとりかた、スケジュールの組み方
ウェブの作り方、そんなのばかりじゃない。

なにがやりたいのよ。と真剣に言われて

私の口から出た答えは
素直に「あなたのいう通りだと思うのよ」って自然に返事がきました。


でもね、一度やるときめたし、お金も払ったし、結果はどうであれ、やめる気は
ないし、もう、お金ももどってこないわよ~♪というと

あー、このお金で旅行は三回は行けたし、あのバックも、あれもこれも
買えたのよ、といわれて、
もともと、わたしは、こういった、代りになにか、の計算をもともとやらないので


「あのね、もし失ったお金があるとするとね、それはまた一生懸命働くの
そうすると、またコツコツと貯金するでしょう、それでいいのよ」

とわらって返事をすると、その気持ちがわからない~とあちらが悩む午後。。。

まだ始まってもいないしね、結果はまだわからないけど、あなたの言ってること
正しいわよ、って。お金を払い込む前に英語でリサーチした際、10人中二人は
恐ろしいほどに否定的だった、だから、あなたが三人目ね。っていったら、

あー、なんで、そんなに落ち着いていられるのおおおって、私は悩んでないのに
なぜ、他人が悩む(笑)


でも、彼女がすごいことを言ってくれたんです。
その一言がずさっと来ました。そしてずっと忘れたくない言葉。


「日本はね、古代から続いてる民族。ずーっと続いてきたの、昔から今まで。
それがいかにすごいことか、わかる?健康である方法は日本人はとっても
よく知っているはずよ。それをなぜ、あなたはアメリカのように歴史の浅い
国から学ぶの?」


これ、日本人がいったのではなくて、私の友達(ヨーロピアン)です。
わたし、もう、これを日本人でない、この人に教えられたことが、正直、
ショックでした。


「ありがとう、言ってくれて」ってお礼をいいました。

たしかに大金を失うのかもしれないし、数カ月後に明るいなにか、答えが
すこし見えるのかもしれない。でも、一ついえるのは、
この後は、さらに勉強を続けることが私の義務。

終わりはたぶん、ないんですよね。


本当に、今日、いわれたことは、教科書以上にすばらしいアドバイスでした。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-12-11 06:55 | IIN

そして、今日の気分は

なんか昨日のウェブ上セミナーで、人の話しきいてたら、たぶん全部はわかって
なかったと思うのだけど

アメリカ人って明るいの?か前向きなのか、それって長所だよね~とも
思うし、あの勢いで、「心配」とか「アドバイス」されても、ニホンの私には
ちとキツイ展開のような気もするが、まあ、ここは、一つ、ワールドワイドな
社会見学と思ってがんばるしかないですね。


いや、人の聞いて「まあ、明るい」とか思ってる場合でないんです。わたしも
来月から人さまとお話せねばいけない身、勉強しなくては、いけないのに
ブログなんか書いちゃって~。一夜漬けで受験も通ったこの体質、
コツコツ学ぶということを知らぬ自分に、コツコツ型になるように
変化させようという神様からのクリスマスプレゼント★


今朝、同僚に

「昨日から、急にイギリス人がみんな、知的に見えてきたかも」といったら

正直、ひかれてしまいしたが

アメリカ人のマシンガントークに怯えている私を目の前にして

たしかに、アメリカ人の先生が担当している英語のクラスとイギリス人が担当する
英語のクラスはすでにクラスの雰囲気が違うもんね、、、と一言。
アメリカからいらした先生はオーバーアクション。それに対し、イギリス人の先生は
静かに授業を進める、それを考えると、Tubakiのいっていることもわかる。。。

でも二人して、「いまは、しのごのいってる場合でないのよ、
私には勉強が控えているんだから、人間観察ばっかしてる場合でない!」と
真剣にべんきょーせよ!と指令が飛び、やっと昨日届いた、教材をひも解いて
ただいま、充電中。。。

しかし、この最新の方式。10年さきとか、もう学校いかなくても
家でよさそう。

て、ことは、会社もいかなくてみんな、家でやれますよね、セミナーも会議も
ネットで全部できるし。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-12-09 05:44 | IIN

そして私は学生に

IINの2011年度1月スタートのクラスに入学いたしました。

まあ、申し込みに至るまではいろいろとありまして、

こんなはずではなかったのにあ、、トホホと思うこともありましたが
それもまた過去の話し。申し込んだからにはやるしかない!のだ。

いまや、わたしは文化の差のギャップにどっぷりつかり、
アメリカの教育ってこんな感じなのかなあ、、と感心するというか、放心状態に
なるというか不思議な状態です。

数年ぶりにあの方のセリフを思い出しました。

ロンドンに住んでいた際、とってもお世話になった家のママは

Tubakiさん、世界は広いのよ、ここで常識、あちら(アメリカ)で非常識、そんなことは
沢山あるわ、覚えておいたほうがいいわよ。


そんなことを数年前にいってくれたママさんは
子供のころから外国暮らし、NYを拠点にされているけれども
いろんな国をめぐって経験上、そういって下さったのですが、

まったくそうだな・・(苦笑)


学校のカリキュラムとか、内容みるよりも、集まってきた学生さんの
プロフィールをみつつ、すでに人間観察に入ってしまい、
いったいこれからなに勉強するんだっけ←オイオイ::::

そもそも、たしかに肥満に関係することには昔から興味あったし
勉強してみたいと思ったのも入学の一つの理由。

でも、よく考えると、米国人の肥満と日本人の肥満のダイナミックさが
違うと思い始めたのが先週。


で、なんで、ここにいる私←今ここ。


そんな私には、日本人のクラスメイトがいるのです♪
郷里も近いし、親近感満々。昨日、スカイプでいろいろと教えてもらって
たいへん参考になりました。それにとても興味のある話しが続いて
楽しかったんです。なかなか、自分の興味のある分野の人に会うのは
難しく、だから、入学してよかったなと思えるのは、この方にお会いできたこと。

しかし、その話しの中でも、やはりアメリカと欧州はまったく
性質が違うということに気が付き、

さて、わたし、これからどうするべか、、とまた考え込む。

普通、お金払う前に熟考するだろに、わたしはピンとひらめきで入学したもの
だから、でも、たぶん、必要だから、入ったんだよね。これから何かを
探します。この学校で。


で、さきほど、新入生対象のウェビナー(最初わからずにネットで調べたらウェブ上のセミナー
なんですね。ハイテクについていってないんですが。)に参加して、アメリカ人のベラベラ英語を
聞いていると、本当に自信満々。正直、すごいな、と思う自分。

卒業生が勢いよく話している途中で、音が聞こえなくなって
わたしのPCが壊れたかと思いきや、テクニカルぷろぶれむ~とチャットで流れてきて
再開されたものの、うまく復旧せず、最後は生放送状態で学校のスタッフの音声が
流れ、ごめりんこ、で解散。

しかし、これがアメリカなのかね~と思ったのが

みんな、夢は大きく!

とか、いわれて、

おおおお、これはどこぞのネットワークビジネスの人の言葉にも似ているなあ、と
もう、私の頭の中は、カルチャーの違いの分析に燃え上がっているのです。

で、勉強は?
[PR]

by tubaki_hana | 2010-12-08 05:04 | IIN

銀世界、そしてピアノの音色

大雪警報が流れた午後、夜に予定していたピアノの演奏会へ
いけるか、不安になったのですが、天気予報を無視して
いくことに決めました。


外は氷点下の世界。

お友達にお夕食をご馳走になり、プチ演奏会が行われるお宅へと
向かいました。

雪も降っておらず「楽勝、楽勝♪」といいながら、到着。





d0175589_8182111.jpg



演奏会本番を前に、練習演奏会だったのですが、
いろんな方がお見えになっていて、多くは音楽家やパフォーマー。
普通の勤め人のほうが少なかったかな(笑)


ワインやコーヒーを頂きながら、始まった演奏会。

先週出会ったばかりの方なんだけど、お人柄が音でわかるというか
とにかく誠実さ、音楽一本で生きるのは、難しいって先週、会ったばかりの
時に話した内容でわかるんだけど、それでもばしっとピアノと向き合っている
姿勢に、静かな感動がありました。


ヨーロッパ全体だと思うんだけど、この不景気、国も芸術家に対しての
補助金を打ちきらずにはいられない状態。それでも、この時代に今を生きる
彼女や、他の音楽家、芸術家はたぶん
「こんな不景気に続けるのは難しいと思うよ」っていう方も多分おられると
思います。

今、を生きずにいつ生きる、だよね、、ってお話したのが先週。
子供がいるひとは託児所の補助金が切られている状態、だから芸術家だけを
優遇させるわけには、いかない、今、全体のバランスをとるのが大変に難しい
状態だから、でも、がんばってほしいと伝えました。

こうやって
まじかで音楽を聴くと、あらためてその必要性を強く感じるし、反面、
生き辛いけれども、どうにかして活動をみなさんに続けてほしいと思うし
個人で音楽を楽しむことが、また演奏家を支えることにもなるので、
そうやってお互い共存できればいいな、と思った夜でした。

演奏会が終わってドアを開くと、目の前は銀世界。雪は音がしないので
ピアノの音が響いている間に積っていたんです。

真っ白な幻想的な運河の風景を歩きながら、
静かに聞こえる雪を踏む音とさきほどのピアノの音が重なって
気分もまた神秘的。夜の静けさと共に
音がしない雪が自分の上に降り注いでくる、そして耳に残っている
ピアノの音。

不思議な気持ちになりながら、家に帰ったのでした。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-12-04 08:34 | 外国の暮らし

はちみつワークショップ

今週、雪のオランダ。

お夕飯を早めに食べて、行った先は蜂蜜を使って作るリップクリームワークショップ。

スエーデンから先生を招いての講習でした。

d0175589_4463872.jpg


講師のスザンナさんはスエーデン人。目は薄いブルー色、すきとおった感じ
の人で、妖精がおばさんになった感じ。

スエーデンよりオランダは今、寒いわよ、といわれて、マジデスカ・と固まる私。


最初はスザンナさんのパートナーさん(オランダ人)が蜂蜜の歴史と
砂糖の違いを説明されました。

古代ローマ時代からの流れ
ピタゴラスは肉や魚を食べず、蜂蜜ばかりを食べていたそうです。

神様からのお恵み、とは直接おっしゃいませんでしたが、紹介される文献は
詩的なものが続き、最後は

「何グラムで300カロリー」とか、そんな説明もあるんだけどねと
笑いを誘う説明はとてもおもしろく。

とにかく、神秘的な食べ物なんです。

甘味料、白砂糖、黒砂糖や蜂蜜の試食、食べ比べの前には、

目を閉じて、しばし瞑想。気持を落ちつけてからの試食の時間。


その、お持ちになっていた、ご自身がつくられた蜂蜜の試食から始まり
2,3口を続けて食べてみると、マロンの味がしたり、植物の味がしたりと
静かな味の中に深みがあって、気持よく。
その後に、砂糖や甘味料を食べると、冷たさや、あっという間に溶けていき
喉が渇くなど、大きな違いがありました。

自然の恵みの蜂蜜は、じわじわと体内にしみこんできて、味わい深く、静かな
感動がありました。


お話の後は二班に分かれて、ろうそくつくりとリップクリーム作り開始です。


こちらリップ班。
d0175589_4545465.jpg


蝋をとかして、材料をビーカーにいれてとかしていきます。
溶けたら、ローズ蜂蜜をいれて、まぜて、容器にいれてしばし待ち時間。
d0175589_4551975.jpg



ハンドメイドやナチュラルコスメが大好きなんです~と先生にいいながら、
リップクリームにいれるはずのローズ蜂蜜をべろべろとなめていたのはハイ、私。

先生いわく、

「お肌もおいしいものが食べたいでしょう、」っておっしゃってました。

このローズ蜂蜜は
スザンナ先生のスエーデンのお家(蜂蜜をとっています)のお庭のローズガーデンから
花を摘んで、蜂蜜と合わせているそう。

周りは本当に自然が沢山で、綺麗なのよ、といわれて、そんなところの手作り蜂蜜
に出会えた幸せ♪

食べても美味しい、そして、お肌にぬるとまたつやがでる~。素敵な夜。


はい、こちら、殿方チーム。ろうそくつくってます。

d0175589_4594161.jpg


自然の材料で作られていく蝋燭はこうやって、時間をかけて作成されていくんです。

教会ではいまでも、この蝋燭を灯していて、石油製品系の蝋燭は使用されないそうです。

神様と対話するのに、石油燃やしても・何もたぶん聴こえないでしょう。

静かに灯る明かりの静けさを感じて、いつもは気がついていなかった灯りの存在。


2時間の講習でしたが、帰りは蜂蜜たくさん買って
蝋燭とリップクリームはお土産に。
これで参加費7ユーロ。

久しぶりに楽しい講習を受けました。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-12-03 05:02 | 生命力