<   2011年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

世界選手権終わっちゃった。。

本日、女子フリーをライブでみようとしてたけど、庭でごろっと本読んでたら、寝てました。
その間、真央ちゃんもかなちんも滑って終わってた。。。。

ファンとして不覚。。すいません。

寝ぼけ顔で、TVをつけると、最終グループ開始。

どうも、氷の調子が悪いんではないかと思うくらい、どの選手も、足元がいつもより
よくなかったような気がします。ロシア人はばしっと滑ったけど。

結果、安藤選手が4年ぶりの女王奪還となったのだけど
優勝インタビューでまずロシア語で挨拶してた。そりゃ、現地人は喜ぶわね。
あと二度目の優勝の気分はときかれて、話していた後に、震災の話しになって
チームジャパンの演技で、日本の皆さんに笑顔がすこしでも戻れば、そのような
話しをされていました。

大人になりましたわね。いまや、滑っているときの安定感が、過去の彼女と同一人物とは
思えないほどの成長。



真央ちゃんは、いまは表彰台に乗れる実力になっていないのが現実。
本人もわかっていて、矯正はいっているのでしょうから、長い目で次のシーズンを
見守りたいです。でも、激やせは、なぜ・・・。

目元が痩せてる。

かなちん、8位で、よい経験でしたの。
オランダでの試合の優勝の時、側でみたけど、ほんと、かわいらしいお嬢さんでした☆

二位のキムヨナさん

なんか、あらためて、昨年、縁ブちぎった、ブライアン・オーサーのサポートがいかに
彼女の魅力を引き立てていたか、わかったと思います。

表情、衣装、すべて、オーサーの関係する人間で、構成されていた最高のチームで
あったのに、今回、韓国の音楽を編曲して、曲まではオーサーが関係していたので
すばらしいものになるよ、っていってました。

正直、今日の衣装みて、
あれ?韓国の音楽つかっている用の衣装に思えなかったし、それならば、二年前の世界女王に
なった際に、フリーで身につけていた赤い衣装、韓国独特の赤をつかっていて、とても
彼女にフィットしていたんですが、それも、まさに、ブライアン・オーサーの助力であったの
だと思います。


現コーチって、なにか、キムさん親子の役にたっているのだろうか・・・。

まあ、いずれにしても、ロシア人観客も、順位に納得してなかったし

ここらで、ジャッジの問題を大きく取り上げてほしいのです。頼んだよ、プルさん!
[PR]

by tubaki_hana | 2011-04-30 23:18 | 生命力

ほんと、国際スケート連盟にはあきれる。。。

今日はなんといっても、午前はウイリアム王子とケイトさんの挙式、
午後は、フィギュアスケート世界選手権、女子の試合と
盛りだくさん。



ある意味、キムヨナさんが、もともと、フィギュアやバレエの本拠地、ロシアで
どんなジゼルを演じてくださるのか、わくわくしてたんですが。

まず、いわせてください。
あの、振付師、だれだ、デービット ウィルソン氏ですか・・・。

古典バレエ、馬鹿にしてます?

ジゼルの、ストーリーって、無垢な村娘が、恋に破れて、死んで、妖精と死後の世界を
さ迷うストーリーだったような。。

無垢な村娘の衣装と化粧ですか・・あれ。

どうみても、去年の007と、化粧のケバさも、かわらなかったし
内容も毎年、同じ。曲かえているだけ。ある意味、違うジゼルをお見せしますとはいっていたが
たしかに、歴代、ジゼルとはちがったわね。

どのスケーターもジゼル滑る場合、まずはバレエのお稽古やって、
背筋のばして、シーズン迎えていたような気がするんですが。せめて
それが、その作品をつかわせてもらう敬意ってものでないですか。

で、彼女、あいかわらず、背筋のびてないし、くねくねダンス。



なんで、ステップアウトした三回転に加点がつくの、この人だけ。。。


で、次

そもそも、単独三回転の前にステップからはいるのが、ルールのはずなんだけど
ステップからの三回転じゃなかったですよね。連続三回転が、後ろが抜けて
単独になった計算なんだけど、それだと、減点のはずなんですが・・・。

もう、ほんと、国際試合の意味がないと思うんですよ。ISUさん。

どれだけお金積んでもらっているのかしりませんが
審判にプライドってものはないのでしょうか。


わたし、子供のころから、フィギュアスケートみていて、ロシアはすごかった。
衣装も振付も、芸術性あふれていた、それは子供でもわかった事実。

その時代に、このジゼルを滑ったら、恥以外のものはないんではないですか。


ロシアさん、おたくのお家芸が
ここまで乱されているんだから
そろそろ、怒って頂きたいんですが・・・。

さて、明日も演技は続くのだ。

皆さまにがんばってほしい。

まー、キムさんに銀河点がでるのは、びっくりしないんだけど
いーかげん、着氷したあとに、かき氷作るエッジに加点山盛りは
お金以外になにも、理由ないですよね・・・。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-04-30 07:30 | 生命力

ロイヤルウエディング

d0175589_342459.jpg


新しい未来の王妃。

本日から、キャサリン妃となった、ケイト・ミドルトンさん。

挙式を見ての感想。

ウイリアム王子は本気で、王室の悪縁、悪念を絶とうとしているんだなーってこと。

今回、それは歴史的にほとんどない、平民が将来の王妃となることに

たぶん、様々な思惑はあったと思われます。

キャサリン妃のプロフィールをみても、
ある時からは、名門校にはいっているけれども、その前はというと、普通の小学生だし
紋章もなければ、お金はあっても、成金はイギリスでは成功しづらいという世界、

双方、よく、この結婚に踏み切ったなと正直なところ、思いました。


数年前、私はロンドンで、いわゆる上流階級の子供たちが通う学校へと
通っている子供の子守でした。

そこで見聞きしたものは、

生まれが違うと、見えないバリアで弾かれる、永遠にその輪には入れないということ。

親から子へと、その家での小さいころからの躾、幼児といえども、そこの世界は
小さな社交界、子供同士、親同士でも、あそぶ相手を決めない、決めるのは担任。

会話の中にはいってくる単語も違えば、発音も違う、その中で育っていないと成長過程で
真似をしたところで、身につかないということが

その中を、子守の立場からみて、感じたことです。

今回のロイヤルウエディングをみて、

ある意味、新鮮な空気がはいっていったのではないかな、と思いました。

普通の家から、王室へと嫁いだ女性。王妃となれば、歴史上初めて大卒の王妃となります。

ダイアナ妃の際は、事実上、中卒。
学校をでたら、あとは花嫁修業。貴族の娘は、時期がきたら、身分の高いお相手と
結婚をするのが、当時はまだあったそうです。

キャリアウーマンなんて、当時、なかったのよ、だから自然と花嫁修業してお嫁にいく
のが、流れだったのねー。とお世話になっていた奥さんが説明されていました。

しかし、この上のクラスの皆さま、

たぶん、日本も同じなんでしょうけど

相当の覚悟がなければ、普通の家から王室にお嫁にはいけないほど、その世界は
ドロドロ・・・。


ただ、ひと時でも、ウイリアム王子が、ケイトさんと過ごして、ご自身の両親からは得られなかった
平和を、持てたら、それがきっと一番の幸せなんですよね。

えと、この結婚式の大イベントの前は、なんだったっけ?と話していたら、

あ、ダイアナ妃の葬儀だったよね・・・って話し。


今でも忘れられない、二人の王子がぐっとこらえて、葬儀に参列していた姿、
どんなに苦しい想いを長年、やってきたかと思うと、こうやって、王子が自ら選んだ女性が

実は普通の人だったことに

新しい時代がたぶん、来たんだろうなと思いました。

末永くお幸せに。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-04-30 03:56 | 生命力

その美しさ

アフリカに遊びにおいで!の吉村さんのブログをぼんやり見ながら、あ!と気がついたことがありました。

吉村さん、ただいま、南アフリカを留守して、お仕事でヨーロッパにいらしているそう。

イスラエルの話しを読みながら、ちょっと戻ってみると、フランスの話し。

原子力発電所の炉が写された写真を見て、気がついたのです。

前回、ラベンダー畑を見るために、リヨンからアビニョン行きの電車に乗った際に、川沿いに
見えた風景と同じ。。

あれ、なんだろうと、フランスの川の風景を見ながら、なんとなく不気味で、人が寄らなさそうで
工場でもないし、あれ、なんだっけ?と心に残ったまま、忘れていました。

あれが、原子炉だったんだ・・と気がついたのが一昨日の話し・・・・。

原発大国、フランス。

その風景の先には、それはそれは美しい、ラベンダー畑が待っていて
澄んだ冷たい空気が、存在して。嘘のような現実。

なにも、しらずに、あの場所にいっていたけど

ただ表の、自然の美しさにだけ、心が傾いていて、現実を知らなかったのだと己を恥じました。




d0175589_5364561.jpg


以前、ブログ友達、MIKIさんがご紹介してくれた未来の食卓という映画。

南フランスの小さな村、そこの住民が、子供の給食と、ご老人のお弁当をオーガニックに
する運動を描いたストーリー。


予告のみしかみていないのですが、
南フランスというと、豊かな自然に、たわわに実ったフルーツや色の美しい野菜たちが
市場に並んでいて、本当に、美しい、、、と思っていました。

それでも、この映画の予告を見ただけでも、それは、たぶん、わたしは
表面的なことしか旅の途中に感じておらず、現実をしらなかったのだと
衝撃でした。

予告の中で

「農薬をまいていたころは、自分たちでは食べなかった」という声や、

「あの子が癌になったなんて、認めきれなかった」という、静かな母親の声が入っていたり

つまりは
表の豊かさの裏に
大きな何かを犠牲にしつつ、生きている現代を表していて

いろいろと考えさせられました。

そして、フランスは、原子力大国、その国から電気を買って生活している
EU市民たち。

自国に原子炉がない、もしくは反対するといいながら、その現実は、フランスが
原子炉燃やしてくれているわけで、

まさに、これも、大きな、矛盾の一つ。

綺麗な風景の裏を探ると、ここにいきついたときに

いままで、自分が何を見て生きていたのかな、、と気が付きました。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-04-29 05:38 | 生命力

国際基準。基準なし。

福島原発で作業されているフクシマ50と呼ばれる顔の見えない皆さんの

被ばく許容量の大幅緩和に対し、

そんな理由によって、許容量あげるんだったら、そもそも、基準値っていらないんでないのかと
思いました。

そして、子供たちの被ばく許容量も引き揚げられたとか。

このままいくと、

国庫にお金ないから、造幣局にお金エキストラで摺ってもらおう♪というノリになりそうな
勢い。


この政府は、基準値を自分の都合で変えられると証明しているようなもので

こんなんじゃ、統制とれないと思うのですけど。。

なんでも、だいじょーぶ、だいじょーぶ、俺に任せとけ、だいじょーぶとつぶやきはじめて
はや、数年。

なにが大丈夫だったのか、まったくわかりません。

以前、国際機関のオープンデーに参加して、化学兵器禁止機構にお邪魔したことあるんですが
そこの職員さんは、イラクなどに化学兵器ないか調べにいくのに、
重装備していくわけです。

鍛えられた(すくなくとも、背筋ないとあの装備無理)体に、重たそうな装備にガスマスク。

夏場は、着たら大変だろうなあ、と思いつつ、

他の装備をみると、携帯できる、心電図に血圧計、
ストレスが凄い仕事なので、異常がみつかるとすぐに撤退、つねに持ち歩いている機器です。

この装備、

当然。。。フクシマ50の皆さまに持たせて現場にいかれてるんですよね。

これが、国際基準です。

あ、基準なんて、なかったんだっけ。

都合によって、基準かえれましたものね。日本。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-04-24 23:44 | 日本の問題

全体的に見て、判断すること。

昨年末、成田行きの飛行機が大雪で、おくれて、早朝に東京到着が、9時間遅れで
東京近辺に到着したとき、夕暮れに浮かぶ富士山をみて、綺麗だなあ。。と思いました。

で、新宿行きのリムジンバスにのって、しばらくすると、きらきらと光るお城発見。

TOKYOディズニーリゾートの輝き。

ま、眩しい・・・。目がいたいのです。

よく、海外に住んでいて、日本にもどったかたがいわれるのが、日本は電気の光が強すぎると
いうもの。

都内にはいってからは、東京タワーの灯り。

いま、思えば、震災後、節電の為に電気を消している東京タワー。

めったにみることがない、電気のついた東京タワーをみたのは、あれが、最後だったのかも・・と
思うこともあり。


ひとつ前のブログ記事に風力発電のことを書きましたが、
ハテ、待てよ、わたしって、全体的に物事みてるかな、と思ったのです。
書いてしまったものは事実として、残しておきますが

オランダ、風力発電あるけれど、それがどのくらいの電力カバーしているのかしらないし、
そもそも、ドイツなんて、原発NOと声あげながら、がんがん、フランスから電力買っている
ことを考えると、偽善そのものでないですか。自分の土地は汚れない(かも)、フランス頼むよ状態。
でも、原発反対は声あげちゃうもんね♪って

てことは、オランダもフランスから買ってるのかな・・・。
それをしらずに、風力、風力と単純な頭で話してしまう、浅はかな人間がひとりここにいる。

つまり、私。

ここらへんは、わたしの大好きな、マネーヘッタチャンさんに掘ってほしいテーマ。


日本では、最近、原発反対運動が盛んにあっているのですが
TVではあまりみかけないし、

今朝、原発推進とまでいかないけど、そういったグループの方の記事をよんで
かなり的を得た話しをされているので、物事を一方的にみるのは、余計な混乱を招く結果に
なるということを認識しました。

たしかに、今回の事故は、本当に生命の危険を伴うもので、
人間が怒り狂うもわかります。原発やめちゃえ!!って素直な気持ち、訴えるのもわかります。

でも、まず、その派手なアクションを起こす前に

自分の生活や、家族のことを考えてみましょう。

まず、ご家族は多くの方が会社員、製造業になると、工場に赴きます。そこで働いて
お給料を頂く。

そのサイクル。

これから、安定電力の供給がなければ、工場は稼働しません。
車などの工場、半日、ベルトが動かなければ、億単位のお金の損があります。

電力安定供給が保障されなければ、日本に工場はおけませんよね。

そこででてくるのは失業という言葉。


ここでいいたいのは、

失業覚悟で、

電力の安定供給を否定できるのであれば、

運動参加は止めません。

もし、原発反対と声をあげている方々で、
その現実を受け止めて、覚悟できているのであれば、それは立派な生き方。

総電力、どのくらい必要なのか、いま、全国民に見せて
冷静な判断を下す必要なのだと思います。

もし、その総電力をみて、もし代替エネルギーを提案できる方がいれば
それは素晴らしい発見だと思うし

もし、ないようであれば、
わたしたちの生活をがらっと返る覚悟が必要です。

生活、変えきれますか?覚悟できてますか?
[PR]

by tubaki_hana | 2011-04-24 16:48 | 日本の問題

風のちから

オランダといえば、風車。


d0175589_5355173.jpg



そして、現代の風車はこちら。

d0175589_5364792.jpg


風力発電です。


すでに10年前、オランダの海岸をフェリーから見た時に
南のほうには、海岸線にずらりとこの風力発電が並んでいて、プロペラが回っていました。

現代的な美しさ、だと思いました。

で、当然ながら、高い場所はそれだけ風力が強いんだなっと知りました。

親しいオランダ人いわく、

これ、ちょっと格好悪いと思うんだけど、と、風力発電のプロペラをみて、いってましたけど

最新のデザインだと思います。

その新しさが、すでに10年前には、ここで、積極的に建設されていたことを考えると
改めて、国の違い、考えの違い、様々なことを考えます。


ずらっと海岸線にならんだ風力発電の風景は、本当に綺麗です。

日本の海岸線も、この風景で、並べば、わたしたちの、日本人の環境も変わるのでは
ないでしょうか。

原子力から風力へ移行する。

様々な思惑が重なって、人の想いとは裏腹に、お金が関係してくると、ああ、そうですかと
ぱったりと原発ビジネスをやめられないのは、
福島原発の事故の直後、あれだけ、外国人が出国しているのに、フランスのサルコジ大統領が
日本に乗り込んできたことを考えると
原子力、やめるなんて思ってないよね。。って忠告にきたとしか、考えられないんですが。
なんせ、核廃棄物関係にすると、日本は第二の顧客、ここで、日本に原子力をやめられると
困るのはフランス・・・。



わたしたちが求めているのは、こういう電力でないでしょうか。

d0175589_545786.jpg


今日、午後に海までサイクリングしました。

海に近付いていくと、風力発電のプロペラがみえます。

その横は、人が海へ歩いています。

d0175589_5463383.jpg


そして、その海は、人々が楽しみ、
そこは、核汚染された水を排出する場所ではありません。

この風力発電の塔がたとえ倒れたとしても

住民が20キロも30キロも避難する必要もありません。

高速道路を走ると、道路わきにも、風力発電が並んでいます。

オランダにも、一基稼働している原子力発電があります。ここもまた海の側。
そして、この海はこの国では一番クリーンだといわれています。

福島の事故の後に、ここでも、原子力発電の問題が上がっており
デモもおこなわれています。

ある意味、世界がかわっていく時なのでしょう。

そして、どうして、よその国で、ここまで風力発電の建設が進み、
日本はそうでない原因を探る必要があるのではないかと思います。

側に近寄れない、エネルギーは、もう過去のものとして
共存できるエネルギーを未来に生みだしてほしいと

そう思っています。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-04-24 05:50 | 生命力

さよなら、すーちゃん

すーちゃんが、亡くなりました。。。


d0175589_544491.jpg


キャンディーズをテレビで見て、興奮していた小さな自分が
いま、この歳になって、そして、すーちゃんが死んでしまったことに

さびしさを感じます。

キャンディーズのすーちゃんになりたいか、
ピンクレディーのケイか、ミーになりたいか、姉妹で競った記憶があります。

楽しい時代だったな、と思います。

しばらく、ずいぶんとお母さん役が多くて、ご自身にはお子さんがいらっしゃらなかった
そうなんですが、
優しい日本のお母さんとして、すーちゃんは、イメージがあって

でも、見る度に、「田中好子さん」でなくて、キャンディーズのすーちゃんだったな。

いつも、すーちゃん!すーちゃん!って、中年のお歳になられても
テレビにむかって、かわいいなあ~、年重ねても、すーちゃん、かわいい、って
自然に口からでていたし、
そう思っていた方、沢山おられると思います。

こんなに早く、すーちゃんがいなくなるなんて、信じられないけど
いままで、長年闘病されていたことすら、世間はしらず、

昔のすーちゃんのままで、消えていかれてしまいました。

そのある意味、控え目な生き方が、

あらためて、すーちゃんのすごいところだな、と

思います。

ご冥福を祈ります。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-04-24 05:13 | 生命力

おにぎりを握りながら、考える

今日から、四連休。

とくに出かける予定もなく、たまったお稽古ごとの課題を仕上げたいのが最大目標。

朝からゆっくりおきて、ゴミをだし、日本に電話をして、お米をあらって、土鍋で炊きました。

具は、梅干、きゃらふき、納豆味噌です。

食糧備蓄箱を覗くと、海苔の袋が最後となっていました・・・。

ああ、切ない話。

海苔は、日本産の有明の海苔が一番おいしいし
それもしばらくは味わえなくなるなあ、と思うと、寂しいです。

しばらく、日本からの食品は送らないでほしい、税関でひっかかる可能性があると
実家に話したものですから、これで、海苔巻きは終了。食べたかったら、どこの産地か
わからぬ海苔でおにぎりつくるしかないのです・・。


炊きたてのご飯に、海苔、シンプルで、一番おいしい。
そして、自分でつくるのが、おいしい。海苔の味に深みがあって、市販のおにぎりでは
味わえない風味があります。

しんみりとなった後、そして


わなわなと怒りがでてくるのは

このまえ、東電が放射能汚水を海に放出した件。

海苔の産地には、海流の関係で、ほぼ関係ないと思いたいのですが

つまりは、海の生物とか海藻って、海域によって違うはずなんです。

水銀汚染のひどいところになると、魚は当然、汚染され、
そう考えると、放射能汚染だって

「影響ないよん♪」といわれても、そりゃ、嘘だろう!!!と、思うし

そもそも、人間最優先の考え方で、海が汚れると、まず、魚が食べれなくなるという考えに
なったり、汚染水これ以上増えると、困っちゃうから、海に流しちゃえという判断。
最悪緊急事態に備えて、原発って海岸にあるんですかね。

人間が中心の考え方で、現在、こうなってしまっているのだから
やはり、なにか間違っているでしょう。


海は、人間の出したゴミを、引き取ってくれる無料ゴミ収集所ではないんですよ。

古代から、恐竜時代から、海って存在しているんだし、生物は海から産まれているんでないですか。

その不思議を考えると、宇宙的な話しになるし、

その宇宙的規模の海の歴史を考えると、東京電力とか、政府とかいう、
人間の感覚からいうと、一流企業に、日本のトップの人間たちの存在なんか

自然からしてみたら、こっちがゴミのような気がするのですけど。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-04-22 17:32 | 日本の問題

ロハスってなに?

昨日、日本から注文していた雑誌が届いたので、今夜はぱらぱらとめくっていました。

ロハスの代表雑誌と言ってよいでしょう、四文字の雑誌。

めったに買わないけど、九州特集だったから、購入しました。

面白いんだけど、なーんか、ちょっぴり胡散臭い。
なにが胡散臭いのかというと、うまくわからなかったけど
付録の冊子、二冊読んでわかったなー。この雑誌の胡散臭さ。

だって、味の素を、アミノ酸として、推奨して、どうしたいの。ロハスさん。

味の素といえば、チャイニーズシンドロームと呼ばれる現象を引き起こす可能性がある
添加物で、とても、ナチュラルライフ、推奨する雑誌が、お勧めするべきでない代表商品だと
思うのですが。。

この味の素、たっぷりふりかかった、中華料理を食べると、
食後に、頭痛、むくみ、だるさ、腰痛を私の場合は引き起こすので
街中の中華料理店では食事ができない体質。

ご丁寧に冊子になって、相当、味の素からお金もらってるんだろうな、と予測してます。

これが現実なんですよね。

口先で、ロハスいってる人が多いってこと。そしてその裏に、お金が流れているのが
本当のところ・・・。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-04-21 05:46 | 日本の問題