<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ロンドンの朝

d0175589_6551378.jpg

早起きは、こんな空がみえて、幸せ。早朝の空気は清々しいもの。朝、7時に大好きな、ケンジントンガーデンにいました。ロンドンで、ここが一番好きだな。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-09-27 06:55

レモンお湯

d0175589_4445050.jpg

ロンドンいりして、体調が悪く、ついに声がでなくなってしまいました。理由はわからないけど、デボンの滞在中に衝撃うけすぎたのか、普通でない日。毎日、クラスの皆さんの親切が有り難く。
今朝、ケンジントンガーデンの近くで、学校のまえに、カフェで朝食。すると、声のでないわたしに、カフェの女性が、レモンたっぷりのお湯を、出してくださった。
その親切に朝から、嬉しさでいっぱい。ありがとう。忘れません。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-09-25 04:44

農家滞在

d0175589_6495653.jpg

d0175589_6495749.jpg

d0175589_6495841.jpg

ロンドンに入る前、数日を田舎ですごしました。朝から、晩まで料理教室。最高の師に出会ってしまった。そして、その場所の持ち主は、わたしにとっては、雲の上の方。また来たいと、言ったら、このファームが、好きならいつでも帰ってきなさい。とのお言葉。嬉しかった。参加したみなさんも、言葉の壁を超え、温かい時間の共有に、あらためて、感謝。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-09-22 06:49

ロンドンから。

d0175589_6105966.jpg

日曜日の夜、デボンから、ロンドンへ。懐かしいテムズ川
[PR]

by tubaki_hana | 2011-09-22 06:10

お夕飯

d0175589_6563217.jpg

デボンについたのは、夜。予め、夕飯は出せないといわれたのに、お腹空いてないか聞いてこられて、小腹すいてるけど、スナックあるから大丈夫と言ったら、お夕飯を分けてくださった。来たばかりなのに、本当にきてよかった
とおもいました。2マイル離れたリバーコテージという、いまやイギリスのカリスマ農家は、どうでもよくなった。ここが素敵だもの。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-09-16 06:56

デボンの田舎から。

昨日はブログ更新しばらくやめる。と言いましたが、滞在さきにwi-fiがあるのでやはり更新。 とても、美しいところです。人があくせくしてない。タクシーのお兄さんは、若いのに、人生はいままで、この場所と、いってました。いいところです。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-09-16 04:52 | 外国の暮らし

デボンの田舎から。

昨日はブログ更新しばらくやめる。と言いましたが、滞在さきにwi-fiがあるのでやはり更新。 とても、美しいところです。人があくせくしてない。タクシーのお兄さんは、若いのに、人生はいままで、この場所と、いってました。いいところです。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-09-16 04:51 | 外国の暮らし

変わっていく時間

しばらくブログはお休みをいたします。

旅にでます。

旅といっても、教室にもどって、その「旅」とは新しい人たちに出会って
またなにか学んで、きっとわたしの人生には、必要な時間。

それが2011年の夏に与えられた課題のよう。


今年は、学びにお金をどんどんと使いました。
目にみえなくて、たとえば、高価な洋服やアクセサリーや
バックなどではありませんが
その見えないものに、導かれて、今年はとても自分にとって充実しているのでは
ないかな、と思っています。

旅にでるまえは、いつも掃除をします。
部屋のそうじ、仕事の机のまわり。
いつ、どこで倒れちゃうかわからないですから、とりあえずは整えて外にでる習慣。


本棚を整理していると、
あ!と懐かしくて手にした本。
ツリーエッセンスを学びたくて、別の国から取り寄せた通信教育用の教科書。
結局はその時は、取り寄せただけで、終わってしまったんだけど

何気にぱらぱらとめくっていくと

ぎょっとしたのが、その本の住所。

これから向かう村は、まさに、この本がでてきたところなのです。

偶然というか、必然というか、周ってきた時間に不思議を感じています。


その本をバックに詰めて

あとは、寝るだけなんですが

やっと、いま、わくわくしてきました。


わくわくと

ちょっと懐かしさと。

今回は昔住んでいた場所にも滞在予定で

いろいろと思いだして、泣いちゃいそうな気持ちと新しい出会いにワクワク。

子供の遠足の前日と同じです。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-09-15 06:25 | 外国の暮らし

学ぶことの楽しさ

最近、ブログ、更新していませんですが、NYの栄養学校IIN三回目の
テスト期間中でございました。
前回、追試で通過したので、今回もたぶん追試だろうと思っていたら、その通りで
追試と決まった後は、週末、のんびりと勉強をしていました。
どこを間違えたのだろか、と読んでみると、英単語の読み間違え、読解間違えによるもので
あったり、学校独自の考え方とか、学校側が準備した、ゲストスピーカーに関する問題以外は
常識的なものであったことから、以外と(英語さえ問題なければ)普通にかんたんにサクサク
解けちゃうんですよね・・。ただ、単語がわからなくなったり・・と。

コーチのジョアン先生はいってました。
「アメリカ人と外国人と同じ点数を求めるのは厳しいわよねえ」って。

実は今回、ちょっと嬉しいことがあって

このIIN,一人一人にコーチがつくんだけど、「決まった日と時間」にしか、基本、コンタクトは
取ったら駄目みたいです。

この試験の前が、最後の電話セッションで、ジョアンが最後に
「もし、テストのことで困ったら、電話しなさいよ」といってくれて

案の定、追試となったので、急いでメールはしたのですが、応答がなく。

時間もないことから、自力+けいこさんの復習補助で、受けてしまった後、
ジョアンから、週末はメールがチェックできなかった、問題があったら、いつも通りの土曜日の
時間に電話してくれていいよ!と連絡がきて、

自分でできたよ!ってメールはしておいたんですが、
こうやって、心配してくれたジョアンの親切に、嬉しかったんです。

最初は、言葉の問題があって、どうしようか、と思っていたんですが、蓋をあけてみたら
楽しく8カ月、話すことができたし、彼女との会話で、気がついたことは沢山ありました。
ジョアンが担当についてくれて、有難かったです。

いい先生を選んでもらえて、IINの(機械)に感謝。たぶん自動選別だっただろうから。


そして、今日は夏のボート練習の最後の予定でした。

昨日からの強風と雨で、天気はパッとせず、今日の夕方はかろうじて雨は上がっていたのですが
風が強くて、とてもわたしの実力じゃあ、漕いで戻ってこれないほどの練習環境。
勿論、お上手な方は涼しい顔して、漕ぎだしていかれておりましたが。

コーチに電話して、キャンセルしたかったんだけど、電話にでないし、仕方がないから
艇庫まで、強風の中30分こいで、到着。
ドアをあけたら、この夏、担当してくれている、エレーヌさんが、座って待ってくれました。

開口一番
「日を改めましょう♪」

あの・・さきほどから、電話とか、メールで、キャンセルをお願いしてたんですけどあうあう、
と話すと、彼女、スマートフォーンを出して、「あ、これ、会社のメールしか見れないんだ♪」と
いわれて、
TUBAKIの最後の練習でしょう、今日は外の状態が良くない、最後の日がこれだと楽しめない
だから、来週、もう一度、ここにきて頂戴!といわれて

ああああ、電話さえ繋がっていれば、強風の中30分の自転車漕ぎもなかったのになあ、と
思ったんですが、「私の最後の練習にはふさわしくない日」といってくれたのも
とっても素敵な言葉だなあ、と、これまた強風の中を自転車漕ぎながら、
足はつかれていたんだけど、気持はなんとなく、るんるんしてました。

ジョアンにしても、ボートのエレーヌにしても
二人ともナイスですよ。

今年は、先生運がとってもよろしいです。

いつになっても、学んだり、出かけてみるって、だから、好きです。

こうやって、素敵な人たちに出会えるから。
[PR]

by tubaki_hana | 2011-09-08 05:58 | IIN