<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

にっぽんのパンと畑のスープから

ただいま、オランダも連休中。

外は雨で、こんな日は、パンを焼こう!

本日は、白崎裕子さん著書、「にっぽんのパンと畑のスープ」から。


d0175589_5321680.jpg



以前、白崎さんのレシピが載った雑誌からパンをつくったことがあるんですが、やはり
日本の粉とここのは質が違って、失敗。最近、風車の粉ひきで、いわゆる「うどん粉」に感じが
似た粉を手にいれることができて、一気にパン焼き熱燃え上がりました。

さあ、有機天然酵母のブールからいってみよう!ということで、くるくると粉をかき混ぜる夜中。

実に材料もシンプルだけど、手順が簡単で、助かる。

タイミングといい、料理はカガクでもあり芸術でもあり、奥が深くて、かつ材料が良いと
シンプルだ、と思っちゃう行程。

で、あまりにも簡単なので、続けて、ベーグルも焼いちゃいました。

気が付いたら、大量にいちご買って、ジャムも煮込んで、手作りパンに手作りジャムの
朝ごはん。夢の一瞬。そもそも、私の夢って子供のころから、「焼き立てのパンにいちごジャム」
とか、できれば、そのパンくずを鳥さんに投げてあげたいとか、そういった、願望が強くて
なかなか職業に結びつかなかったなと、苦笑しながら、こねこねタイム♪

パンの発酵時間って、人生ににてる、じっくり低温で発酵させる方法は、ビニール袋をぎゅっとしばって、内側からの抵抗がうまく働いて、発酵が順調に進む、時にこういった抵抗も必要なんだよね。人間も。

思えば、抵抗だらけの人生だった、決められたレールにのせられるのがいやで、そして「あなたは
こういう人よね!」と決めつけられて、馬鹿にされたこともあった、それが、すべて抵抗につながって今の自分がある、むむ、パンの低温発酵となんとなく似てるなあ、と、別にパン生地は決めつけられることに抵抗しているんじゃないだろうけど、そのパンパンに膨らんだ袋を朝からみると、そう思わずにはいられない(笑)

このじっくり発酵の間にやることもあるし、
急いでレンジにかけて、発酵させなくても、この自然な力の法則が、パンを翌日になってもかたくしないし、「じっくり」そして「手早く」というのは、料理も生き方も同じだな。


ということで、今夜もこれから生地仕込みます。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-04-30 05:44 | 生命力

与えることって。すべていいのかな。

最近、こちらのニュースで失業率などが上がって、食べるものに困って、FOOD BANKという
食糧を無料で提供を受けるサービスを利用する人が増えたとニュースになっていました。

EU委員会は約20カ国対象に、このFOODBANKへの補助金を出しているのだけど
オランダには補助がでていないらしく、ある都市部では、その各家庭に出される食糧箱にお菓子類などおかずに
ならないものが入るようになって深刻な問題となっています。

この食糧減は、スポンサーになっているスーパーなど企業で、あとはボランティアにて運営が
賄われていますが、スーパー側が余ってまだ食べれる食材の提供量と、このサービスに申し込む
人間のバランスが崩れていることにあるようです。

こういった現象となったのは、やはり近年の不景気にて失業率があがったこともありますが、
無計画なローンや、買い物などが理由で窮地に追い込まれるケースもあるようです。

こちらのウェブサイトには
「テレビを買うことが最優先ではないはず」ということも書かれていました。

DVDや、あとゲームなどの娯楽品、私が子供のころに比べて、今の子供たちは物を
持ちすぎると思うほど、裕福な暮らしをしています。

30年前は、月に「りぼん」か「なかよし」どちらか一冊買ってもらって、友達と交換して
読んだり、あとは紙に絵を描いたりと、そういったことで過ごしていましたけど
昔の話しで、大人よりも子供がリッチにみえることすらあります。

与え過ぎ・・という印象もあります。

それでも、政府などは消費が落ちていると嘆き、消費を勧めます。

この悪循環の中、大人を含め、子供もクラゲな脳みそとなって、
まだ、買う生活が続くのかと思うとうんざりです。

消して所得が上がっているわけでもないのに、持ちモノだけが立派になっていく
そういった現象、人間の見栄も手伝い、本来は、使うべきところにつかわれず消耗品へと
消えていく、そういったサイクルに、そろそろ、終わりを告げたいのです。

子供も大人も時にぐっと我慢が必要です。もちろん、恥ずかしい思いもするかもしれません。
それも大切な経験なのです。

自分がどうやって生きたいか、実は考えるきっかけにもなります。

ない、ことが恥ずかしいということは、ありません。

すっきりとして生きていくことも気持がいいし、お財布にも余裕が生まれるのでは
ないでしょうか。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-04-13 04:43 | 生命力

イギリスでの週末

先日、英国、デボン州の農家へと行ってきました。これで3回目です。
アムステルダムからプロペラ機にて1時間半、デボン州の小さな空港へと降り立ちました。

d0175589_4141995.jpg


春になって、美しい青空のファームでの3日間。
主にお料理の講習なのですが、度々、ファームの主、ロミーさんも登場して
一緒に農園を周ったり、すこしお話したり、森の中で薬草を摘んだりと
心にじわっとくる時間を提供してくださるロミーと料理人ディファニー。

言葉の問題は度々あるのだけど、
それを超えて、伝わってくるロミーがいいたいこと。

ロミーと食卓を共にした際、先日、日本からお友達がきたのよ、といわれて
まあ、よかったですね、で話しが中断。

翌日、広い農場を下ってきている際、二人になったので、お話の続きをしました。

日本からのお客人はどのくらい滞在されていたのか。ときくと苦笑いしながら、2時間
だったのよ、といわれ、お会いした時、彼女たちが車から降りてくる前くらいから
涙されていた。。といわれて、

「ロミーに会えたから、お客人は涙されていたのね」と話すと、そうね、といわれて
ロミーはニールズヤードの創立者だから、日本の店舗からいらした皆さんが感動して
涙されたというのも納得。わたしがアロマの世界で生きてたら、お話するのも恐れ多い
と思っちゃうもの。

その皆さんのことを「日本からのお友達」とはにかみながら、話しをしているロミーの
姿がかわいらしく、改めて、彼女が尊敬される人物であることを知ったのでした。


二人で話すことは、なかなかないのだけど
外にお花摘みにいって、籠をもって広い農園を下っていく時間、
最近、自分がチベット医学の講習にいったことを話して
「自分自身の態度や行動が健康に影響するといわれた」と話すと、
同意するわね、と大きくうなずきました。

上手く言えないのだけど、この人の存在は本当に大きくて、
毎回、お話する度に、涙がでそうになる感覚。

彼女が学校の先生になる予定だったそうなんだけど、こういった先生がもっと多かったら
世の中は変わっていくはずだと確信するのでした。

今度のクラスがわたしがここへ通うのはとりあえず最後。

時間が過ぎるのが早すぎて、ついていけないけど、だからこそ、時間は大切にしなくちゃ
いけないんだな、と思うこのごろです。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-04-10 04:37 | 生命力

心の置き忘れ 

この一年ほど、なにか取り疲れてた訳ではないですけれども、ヒーリング難民化していた
自分がいました。

いろいろなヒーリングを受けてみて、それなりに、納得はしたのですが、同時になんか
心がもやもやとする、そのインターネットや本に載っているような完全ツールなことは
なく。。だからといって、騙されたという気持ちもなく、このもやもや感と向き合って
みることにしました。


シータヒーリングの基礎も受けてみましたが、この日を境に、今度はヒーリングアレルギーの
ような逆の立場となり、

これは、どうしたものか、とまた自分観察。


誰もが幸せになれるツールが欲しい、だから、最近はヒーリングブームなんだよなと
考えてみたり。

先日、チベット医学のエッセンスに触れるという講義に2日間参加をして、自分の
このもやっとした気持の原因がわかりました。

幸せになりたい、このツールさえあれば、人生はご解決に向かう、そんなことばかりに
目をむけて、誰かの役にたつことを忘れていた、、、自分の心がどこかに置き忘れて
いたことに、この二日間で解ったのです。

今の時代は、オウム真理教やその他、高額を請求する新興宗教の影響で、普通の家族に
受け継がれてきた仏様や神様のことを口にしにくい時代になりました。

「いかなる宗教とも関係がありません」

とヒーリングセミナーや、セッションのお知らせの前に書いてありますが、
宗教とは関係ないといいながらも、話しの中ではすべての神が登場してきたりして
なんか違うじゃないか??と気持が揺らいでいきました。

つまりは、ご都合主義で突然、神やエンジェルが登場してくることに、私自身
は?と思ったのかもしれませんし、大きな矛盾に気が付きました。


先日、チベット医学に触れて、すべて、自分が子供のころに躾けられたことが、
家族で大事にしていた、ご先祖様からのしきたりであったことに気が付きました。
それは、仏壇に手をあわせるとか
神だなにお水をあげるまでは、食事はしないとか、
小さな、そういったこと、人より出て先に食べてはいけないとか、譲りなさいとか
引きの美学を教えてきたのは、仏教の教えであり、
今に集中して生きなさいというのも、仏の教えであると考えられます。

当然、別の宗教、イエズスなども奉仕の気持ちを教えておられます。実際、マザーテレサや
最近では佐藤初女さんの講義をききにいってみると、その日常での気づかいがいかに
人間を幸せにさせるか、それを身にしみて経験してみると

わたしが最近やっていたことは「自分」のことだけを考えていたのかもしれないし
奉仕の気持ちを忘れていた、つまり心を置き忘れ、抜け殻となっていた自分がなにを
やっても無駄であったということに気が付きました。

子供のころは
ボランティアや、その他、人のお役にたちたいと思っていましたが、いつのまにか
普通の会社員として生きて、そのわたしの芯である部分を失っていたのだ、と
思います。

チベット医学の先生は、おっしゃいました。
自分の今の幸せに気が付きなさい、そして困っている人に手を差し伸べなさい。

その困っている人に手を差し伸べるというのは、
いわゆるヒーリングなどで、世界に向かってお祈りしましょうもなんだろうけど、
実際、自分の体を動かして、掃除してみる、ボランティアしてみる、話し相手になってみる
仕事で忙しければ、収入の一部を寄付するなど、はっきりとした形で、自分から自分を
動かすことが、大事で、さらに大切なのは、その自分の行動に対して見返りを期待しないと
いうことです。

ずいぶんと、ヒーリング難民しましたけど
自分で出た答えは、これでした。

もし、わたしがヒーリング関係を週に1度でも仕事としてやるようであれば
実際に誰かのお役にたって、さらに同時に違う方も幸せになる方法を行っていきたいと
思います。

わたしの知り合いのヒーラーさんは
かなりの額をクライアントに請求します。そして、そのおかねはすべて募金されています。
クライアントにまず、募金した証拠を見せてもらって、それからヒーリングが始まるそうですが
かなりの効果が表れているようです。
奉仕の心とそのクライアント自身が、また見えない誰かを助けている、すばらしい
流れだと思います。

春、いま、気がついた大きなことを踏まえ、今後、1週間の自分のスケジュールを考えて
いきたいと思います。

幸せになるのは、簡単なんです。

まず、誰かを助けてみること。

これです。シンプルです。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-04-08 19:41 | 生命力