<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

二年ぶり日本の夏

先日、日本へと帰国しておりました。
二年ぶりの日本の夏に、成田到着後すぐに汗がでてきて、
懐かしい、日本の夏の空気に触れることになったのですが、毛穴全開、空港にはクーラーが入っているはずなのに暑い・・、節電の為に温度が上がっていることはわかっていたのですが、厳しい暑さの中で、日々、熱中症で倒れる方がいらっしゃるのにも納得。

約2週間の休みでしたが、今年は体調悪くなることもなく、元気に過ごせました。
朝から母の手作りのゴーヤのジュースに3食、父がつくったお野菜をふんだんにつかった料理、
ほっとする時間。

毛穴全開
暑いとはいえ、3食を実家で食べていると
3キロ太り、母親からは嫌味をいわれる始末。

うるさいなあ、もう、太る、太るいうから、太るんだよ、気持がわるいから、いわないでくれるかな、
夏休みがおわれば、この体重はもとにもどる!といったのですが、

この歳にして
まだこういった会話で老人の母を攻めてしまう自分に反省、いくら、心理学なんか習っても
ついつい親にむかってキツイことを言ってしまう自分に反省。

後で東京に出た時に、カウンセリングを学んだ仲間たちとお茶したり、食事したりした際に、この
母親に体重のことをいわれて、ついつい、言い返してしまう、家族との会話が原因で、体重のコントロールが
できなくなることを告げると、話し方一つ、といわれました。

「お母さんがつくるご飯がとてもおいしいから、ついつい食べ過ぎちゃって」といえば
母も気分がよかっただろうに、その一言、一言が、感情的になって、一瞬考えて冷静になることが
いかに大切か、日常的なことから思い知ったのでした。

ちなみに実家から東京に移った翌日には、やはり、体重が元にもどっていたことから
体は巣にもどると、リラックスして、休むようになっているのですね。

家から出たら、戦闘態勢じゃないけど、やはりどこか緊張しているし
だからこそ、くつろげる休みが人間には必要なんだな、と思いました。

ぼちぼち、日本滞在の話しを綴っていきたいと思います。

しばらく、お付き合いくださいませ。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-08-31 06:20 | 日本2012夏休み

目に見えない、音、に触れて

ピアノなどを調律する際に、音叉(おんさ)を使います。

d0175589_43253.jpg


これは体に当てたり、耳で聞いたりする音叉です。

スイス、ドイツ、オランダなど、いわゆる波動療法として、使用されています。

今年の2月に、この音叉と出会いました。

微妙に触れる波、不思議な音に魅了され、一度は一日ワークショップへと参加をしましたが、もっと
勉強したくて、先週、やっと、受け入れてくれる先生を見つけました。

スピリチュアル関係に詳しいかたは今、この音叉の中でも528ヘルツといわれる特別な音に
魅了されている方は多いようです。

DNA REPAIR(DNA修復)の周波数といわれています。

今まで、意識をしたことがなかった、目に見えない波に、今回触れてみて、自分自身、驚く現象が
起きました。

音叉、、の使い方を知りたいと思っていただけでしたが、先生はかなりのサイキックな方。
一目会ったときから、わたしのある、事を感じとり、それでも黙っておられたのです。

ひょんなことから、音酔いして、気分が悪くなり、退室してしまったのですが
すぐに先生があらわれて、「気分はどうなの」「どうしてお部屋からでたの」と問いかけが始まりました。

それから横になり、目を閉じて話さなくなった私に
彼女は驚くべきことを話し始めたのです。

それに驚き、目をあけてしまうと、涙がこぼれ落ちそうになったので、口を閉じ、
そのままにしておいたのですが

「あなたは、その問題に対して、部屋を出たように、いままで逃げてきましたね」といわれて

どうして、それがわかったの、と目を閉じてきくと

初めて会ったときからね、あなたの魂はそれを伝えているのよ、と優しい声に、もう涙がこらえ切れなくなって
すーっと両目からこぼれ落ちていきました。

「話したくない」というと、

目をあけて、わたしの目をみなさい、といわれて、

やっとの思いで目をあけると、話しを続けましょうかといわれたのですが、もう、声もでなくなって
「今度お願いします」と消えそうな声がやっとでました。


いままで、半信半疑でした

たくさんお金をつかって、ヒーリングを興味本位でやっていたのは、この想いに気付いてほしいという
私が気がつかなかった、私の魂が、ここに連れてきたのか、と思うと

ごめんなさい、ごめんなさい、と
涙がとまらなくなりました。


そして、この先生の広い心に改めて、感謝し、
普通であれば、ここまでのサイキック、高額を請求してこういったセッションを行う人もいるのに
それをやらずに、あつまった生徒をこうやって支えてくれる、彼女の生き方に触れ、
病人が彼女のところに集まってくるのも、理解できました。

まさか、こんな一音を鳴らしただけで、変化なんか来るわけないよね、と思った次の瞬間、
わたしに異変が起きて、退室してしまったのですが

見えないその宇宙的にあるはずの糸のような音の波と、わたしの体か心が、ぴたっと一致した
結果、こういう現象がおきたのでしょう。

なにが、起きたのか、まったくわからなくなり
そして、先生がすべてお見通しであったこと、そして、「助けたいのよ」といってくれたこと
それだけでももう嬉しくて。

最終日におひるごはんをテラスで頂いた際、

ある方には第二チャクラ(下腹)がブロックしていて、

TUBAKIは、ハートチャクラ(胸)に影がある、心を開けていないといわれて

はい、と、子供のころから常になにかに、おびえて、本心を打ちとけきれない、そういった
自分を私は知っている・・・だから、先生にいわれた時に、ハイと素直に返事ができたのでしょう。


あなたが次にきたときはね、と

前日、あんなにかたくなに抵抗をしたのに、まだ、受け入れてくれる、この方の愛情の深さにまた涙。

変わりたい、変わりたいと思っていた、本当のところを突かれ
その日は辛かったけど
よく眠れて、

体が軽い。

その見えない自分の魂というものからのメッセージをきいたら
すーっと体が楽になった、

どれだけ、わたしに、これを伝えたかったのか。

今、気がつけて本当によかったです。


これを読まれた方で、魂とは、なんぞや、とハテナマークになる方もおられると思います。実はわたしが2日前までそうでした。それを伝えられて、心と魂は別モノで、魂は常にわたしたちの幸せを願っているということに
気がつきました。

音を鳴らしにいったのに、こういった経緯だったので、本当に見えないなにかに導かれたな、という
気持ちです。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-08-07 04:27 | スピリチュアル心理学