<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

都会のおひるごはん

週末、ロンドンへと行っていました。

昨年より始めたスピリチュアル心理学の勉強の一環。今回は、欧州在住者を対象とした週末セミナーで
他の方にとっては初めて、わたしには復習会となりました。


d0175589_5184191.jpg



心のしくみ、読んでも、聞いても、実感しないと、なかなか勉強へと気持が進まない、自分の性格が
そうで、昨年、2週間をこのコースに費やしましたが、たくさん、お友達ができた!ということ以外、
なかなか次の一歩を踏み出す瞬間がなかなかなく。

ある日、実感、キターーーっていうことで、急にやる気エンジンかかちゃって、
ロンドンの先生のところまでいってしまったのです。思い立ったら、即行動ですね☆


で、ロンドンセミナー終了後、体調崩して、歯茎が腫れて、自分の中では、ああ、なにか間違ったな、と
いう気持ち。


いつも、遠方へいくときは、荷物にランチボックス、ハンカチ、ラップ、お米など自炊可能なものを
なるべくもっていくのですが、今回は、飛行機に手荷物のみ、自炊する場所はあっても、作る時間が
ないことなどで、ついつい、ロンドン市内の主要駅にあるスーパーマーケットで、お惣菜を買って
先生のお宅へと向かったのです。

これが・・・まずかった・・。

レタスとチキンのサラダにドレッシングが附属していて、
まず、冷蔵庫でキンキンに冷やし過ぎていて、野菜、仮死状態。
ほんのすこしドレッシングをかけましたが、普段、ドレッシングを一切、口にしないため、
刺激が強かったのか、食後、歯に食べかすが詰まって、デンタルフロスで取ったのですが、

気がつくと、歯茎が痛くなって、
口の中も気持が悪いし、

「昼ごはん、間違えた」と気がついたのです。

で、口の一部が、腫れはじめ、幸いなことに、その夜は友人夫婦がお夕飯に招待してくれたので
美味しいパスタとサラダをお腹いっぱい頂けたのですが、

そのお昼の一食が、その後、3日、わたしの体にダメージを与えています。

敏感すぎる、、といわれますが

その、なにも考えないで、日々、あのキンキンに冷えたサラダや、ケミッたドレッシングを「サラダ」だからと
食べているロンドンのオフィスワーカー。体、大丈夫ですか・・・。

いや、ロンドンだけじゃない、この世の中、コンビニ化してるから、
日本も同じ。

ちなみにわたしは12年間、日本のコンビニや市販のお弁当を口にしていません。

12年前、夕方にはだるくて、よく短い昼寝をしていた若いころよりも、いまの中年ライフのほうが
疲れ知らず。

いかに現代の便利な食品が、人間の体を疲れさせるか、ということを、身を持って知っていることは
わたしの人生において、財産なのです。


心配なので、歯医者へと予約をいれましたが、

食品関係で、歯医者に予約をいれるのは二度目。

前回は、会社ビルのレストランでシチューにはいっていた、何か?アルミはくの小さな破片が、口にはいった瞬間、わたしの歯の詰め物に反応して、口の中で火花が散ったという事件がアリマシタorz...


この敏感な体、病気がちの人からはとてもうらやましがられますが

わたしの体が異常反応を示すものを、なぜ、市販されているのか、そっちが怖いんですけど。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-10-31 05:10 | 生命力

外側に関心が向き過ぎのとき。

人は外側に気持が向き過ぎているとき、つい、内側のことを忘れがちになります。
個人であれば、とにかく人の行動が気になる、そうしているうちに、自分自身の大切なことを見落としてしまうというサイクル、他人のあらを探すことにエネルギーが入りすぎると、自分の何かを失ってしまう。
わたしにも実はよくあることです。

最近、フランスの司会者が日本のサッカー選手を揶揄して、腕が4本とか、原発の影響ではないかといったことや、あとコップの中の津波と発言したことが問題となり、結果、日仏外相同士が話をするということになり、

フランス人のその、行き過ぎた発言も問題なんだろうし、表現にしては、センスないよな、頭悪い司会者だわ、と思ったんですが、そのフランス人にあーいわれた、こーいわれたと、外交問題にまで発展して、交渉というか、そんなエネルギーあるなら、日本の国内問題に注いだらどうでしょうか。


フランス人に抗議して謝ってもらって、気持すっきり外務省と外相、政府はそうかもしれませんが

国内で日々起きている現実に目を向けることを最重要視して、外野は後、フランスなどどうでもよいし、
そもそも、ああやって笑っているフランスこそ、パリあたりの放射能計ると結構高いらしいですし、

欧州メインのエネルギー販売国、南フランスのラベンダー畑に行く途中
不気味な原子炉眺めながら電車の旅、

イタリアもドイツも原発辞めたといいながら、結局はフランスからの電力で補っている現実。

フランスは原子炉がんがん稼働させてますから、辞めたはずのイタリアさん、ドイツさんは表向き
辞めたけど、実際は原子炉経由の電気使ってるんですね。

あちらも日本のこと笑っている場合でないんですよ、実際。
事故が起きてないか、なんて、保障ないし、

日本政府も言えば良かった。

「おたくも笑ってる場合じゃないですよ」って。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-10-25 04:00 | 日本の問題

心静かに将来を読み解く時間

さて、ヨーロッパも本格的な秋。不吉な経済危機の音も聞き慣れて、
まあ、これが普通といわれたら、普通なんだろうと、一時期1ユーロ、160円時代を懐かしみつつ、朝の新聞のユーロ100円台にため息。

ああ恨むはギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガル。。。アイスランドに国を挙げていくとむなしくなるので考えないようにしてるけど、あちらの市民は本当に大変そう。
イギリスでタクシーに乗ったときに「日本はお金持ちでいいね」といわれて、いえいえ、そんなことはないのよ、と返事を返すと、ドライバーはイタリアから出稼ぎにきている、日本がうらやましいよ、といわれて、いえいえ、火の車は同じ、見え方違うだけだよ。。。といっても信じてもらえない。

まあ、すでにEU共同体におんぶにだっこで逆切れし始めた、ギリシャ、イタリア、スペインの性格と日本人は違うから、違うといわれたら、違うのだろうけど。

逆切れ例;

ドイツ、メルケル首相、ギリシャ訪問ニュース

財政管理が厳しいドイツに介入されるのに、国民切れてデモ。

もう、いっそのこと、アポロンの宮殿とかを一部、フランスのルーブル美術館に貸したらどうだ!と
本気で思ってしまった。いや、もういいロンドンの大英博物館でもよろしい、
無償で援助を受けてあたりまえと思っているこの国民性をまず、どうにかしようよ。。。

EU共同体に明るい未来はあるのか。。
少なくとも、南欧は厳しいな、かなり・・・。

この先、どうなるのかなあ。。と考えて、最近読み始めた本は「ワークシフト」というロンドンビジネススクールの教授がお書きになった一冊。

私たちの2025年はどうなっているんだろうか。

まだ読み終えていないけど、
途中での感想は、テクノロジーにより、機械化が進んで、国際間の言葉の問題も解決され、人材が遠隔操作で別の国に指示をだす、たとえば、手術。

などなど、クラウドなどの新しいテクノロジーの素晴らしさにより大変化を遂げる予測なんだけど、反面、孤独化も進むということも考えられ、うわ、最悪と、思ったんだけど、

また、そのテクノロジーの恩恵をうけ、世界中でコミュニティをつくることもできるし、働くスタイルも大変化を遂げる、ボランティアや、家や車を持つことの価値観も大幅に代わってくる、よりコミュニケーションを進めると素晴らしい世の中になるという後半。

まだ読んでしまっていないので、感想を書くまでにはいたらないんだけど

この後者を考えると
2025年の自分の立ち位置、
スタイル
また、テクノロジーの進化と自分のやりたいことをしっかりリンクさせることの必要性。

などなど、本をめくりながら感じた今週でした。


そうそう、この本を読んでると2025年には、もう語学学習は必要ないらしいです。まあ、好きでやる人はどんどんやればよろしいけど、ビジネス上などは、テクノロジーの進化で、機械が同時通訳に入るそうで、ビジネスマンには明るいニュース。


最初、この話を読んだ時に

「はー、あの二言語覚えようとした時間と涙の努力の意味は」と数分、真剣!に思ったけど

友達とご飯たべていて、

2025年には、同時通訳を機械がやってくれるんだって、ふつーにカフェでご飯たべていても
外人同士だと通訳がはいる、仕事ならわかるけど、日常生活で、かっこ悪いよね(笑)という話に。

その光景を想像すると
現在、道をグーグルマップにナビってもらって、人間の脳が退化している現象と同じく、
ぜーんぶ機械まかせで言葉も発する、なんか、クラゲライフでそれは嫌だな(苦笑)
[PR]

by tubaki_hana | 2012-10-24 05:53 | 生命力

白崎マフィン焼けました~。

やっと今日、白崎さん作「かんたんお菓子」焼いてみました。


d0175589_4414211.jpg


ま・・・まあ、本のお写真とは雰囲気が違うけど、個性的ってことで。。許して。

本は6個分の材料。

ここは、どーんと二倍でいこうではないか!と張り切って、粉をふるって豆乳を計って、さあ、レモンというときに
このレシピの量だと、レモン一つでは足りないということが判明。

でも、もう、、外にでたくないし。。。

同じかんきつ類なら、グレープフルーツでもええんじゃないか!とおもって、足りないグラムはグレープフルーツを絞っていれました。

そして、アーモンドパウダーもなくて、前、パリで買っていた「栗の粉」を代用。栗のパウダー、香ばしくて美味しいんだなあ♪


お粉は、風車で仕入れたもの。スーパじゃないんですのよ。^0^


さて、まずは乳化から。。

まあ、乳化のところ通過してみて、たぶん、ここの豆乳は日本のそれとは濃さが違うかなあ、
ドロドロにならないけど、まあ、だからといって、ここで作業をやめるわけにはいかない、

粉をいれて、混ぜ混ぜすると、まあ、ケーキの生地ができてるじゃないの!

ハートの型にいれて、新しく買った、スーパーお利口なオーブンに入れると、
わたしにとっては出来がよいマフィンのできあがり。

ほかほかを頂いてみると
ふんわりしてる♪

これが、バターもミルクも入っていないケーキとは思えない、やっぱり、白崎さん天才だよ。


さあ、これで一つ出来た。

余った豆乳はにがりいれて、明日のお豆腐つくっちゃおう。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-10-21 04:49 | 生命力

オーガニック野菜

オーガニックのスーパーマーケットで売っているオーガニック卵。

6個で約200円。


d0175589_4102576.jpg


今、オランダではオーガニックフードが普通のスーパーマーケットでも置いてあり
また、街中には、どんどん、オーガニックスーパーマーケットができています。

嬉しいことです。

が、今や、オーガニックは新しいビジネスとして着目され
「いかに売るか」そして「それをいかに安く売るか」と移り変わってきているようです。

今日、新しい、おしゃれなオーガニックスーパーにいってきました。

かごを持って、ぶらぶらと。

「買うものがないな」と思いました。

わたしは、サラダ用の野菜がほしくてここに入店したのに、どうしてだろ。お野菜どこかなあ、とお店を
うろうろ。
わたしの頭の中には、オーガニック野菜は室温に置いてあるもので、冷蔵庫は普通のスーパー。

今日いったおしゃれなオーガニックスーパーにはお野菜が、冷蔵庫にはいっていました。

あれ??

だからか、買うものがないと、その前を私は通過していっていたのです。

最近、食べ物からのエネルギーを感じることがあります。

普通のスーパーマーケットにいっても、ついに、トイレットぺーパーしか買わなくなってしまった
わたしの「感覚」は、ついに、オーガニックスーパーにいっても
不自然なものに、反応を示さなくなりました。

なるほど・・だから、わたしは野菜の前を通過していったのか、とおもい、冷蔵庫の中を覗くと。

どこかでみた、タグが貼られていました。

会社にいくと、商工会議所に登録している会社が入れる問屋のスーパーがあるのですが、そこからの
広告に「オーガニック野菜」を販売していると書いてありました。

その問屋から仕入れたらしい、その野菜たちが並んでいて

昔からある、オーガニックスーパーとの大きな違いを感じました。

いつもいくところは、室温にお野菜は置いてあって、バイオダイナミック農法(シュタイナー法)で
育てられたお野菜がならんでいるのですが、
その今日いった、おしゃれなオーガニックスーパーでは
問屋からやってきた「オーガニック野菜」

隣町で栽培されている葡萄も、パックにつめられて、並んでいました。

その隣町の葡萄は、うちの近くの八百屋さんでも買えるのですが、丁寧に箱に詰められていて
室温に置かれ、頼んではじめて、袋つめされるものです。

出身は同じなんだけど、そのパックにはいった、葡萄は、八百屋さんと同じとは思えぬ
表情に、

オーガニックはいったい何に基準を置いているのか、わからなくなりました。

大ビジネスとしてこうやって、お洒落なスーパーにうまれかわり、昔とくらべて、手に入りやすく
なったのだけど、なんか、ガサガサとした音と共に、大事なことを忘れているような気がして

結局は、このスーパーでは、お野菜の袋を一つ買って、帰ってきただけ。

なにが、残念か、というと

やはり、お野菜は、お店で室温でおかれていると、生き生きしているし、
キンキンに無理に冷やすと人間と同じで冷え症、エネルギーを感じません。

なにが、大切か、よく、考えて、日々のお買いものをすることだな、と思った日曜日でした。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-10-08 04:23 | 生命力

なたね油ってこれかな~。お菓子作りを前にして。

さて、やっとお菓子を作れる週末となり、

かんたんお菓子に必要な材料を自然食品店へとお買いもの。

なたね油ってこれかな~

d0175589_60969.jpg


Raap zaad oileという菜の花の写真がついた油。

た、、たぶん、これでしょう。


そして、オーガニックレモン☆

あとは、きな粉なんだけど、日系スーパーにいかないとないし、震災後、物資がはいってこなくなって、きな粉は売ってないし、かと言って、尖閣問題でゆれたものだから、中華街にもいけない、きなこがはいらないレシピをつくるかあ、と、ぼんやり、考えながら、レジにいくと。。。
10%引きカートの中に「ソーヤミール=大豆の粉」がはいっており、

ここにも、大豆粉が売ってあったことにきがつきました。よかった~。

きなこは、大豆粉をフライパンでいってあげれば、香ばしいきな粉になるので、ひと手間かかりますが
これで材料はそろったな。

あとは、明日、マフィンをまずは焼いてみよう。うひひ。楽しみ。

問題は、ベーキングパウダーがないんだな。

卵にいれる用のオーガニックふくらし粉ならある、これは卵成分に反応して、膨らむ、果物からできた
ふくらし粉なので、はたして、豆乳とレモンに反応してくれるのかは、わかりませんが

明日、挑戦だな!

もう、寝ます。お休みなさーい。
[PR]

by tubaki_hana | 2012-10-07 06:07 | 生命力