<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

音がここまで私を連れてきた、憧れ。




急になつかしくなって、10代聴いていたラジオ、JALジェットストリームをYoutubeで聴いてみました。

外国にいったことがなくて、いつか、海外にでてみたいと思っていたころ

毎晩、お布団に入った深夜0時ごろ、ラジオをつけて、電気を消して、ジェット機の音、素敵な音楽に
ナレーションは遠い外国へと私を連れていってくれました。

国際線の夜間飛行、点滅するランプ、飛び上がっていく飛行機の感覚は、その実際乗ったときよりも
九州の田舎の自分の部屋できいて憧れていたころのほうが、体感できたような気がします。

わたしの時代、子供時代に海外旅行にいくとか、
英会話教室に通える環境にありませんでした。
このラジオの音だけが、わたしと外国への接点。目をとじると、様々な風景が現れてきました。
現実と夢の大きな差に傷つくことはありましたが、不思議とそれを自分の環境のせいにしなかった
ことが、今、ここにいれる最大の理由であったと言えます。



環境というのは、田舎すぎて、外国に住む準備をする、そんな選択権がなかったということです。

ちなみに東京ディズニーランドが出来た時は、一か月以上たって、「そんな夢の城ができたらしい」と
きいて、東京っていうところも、子供のころ、1度いったきり、よくわからぬテレビの世界と自分の目の前の
現実が違いすぎて、田舎って知らないことが多いんだろうなあ。。と子供心に思ったものです。


早くからヨーロッパの暮らしにあこがれていました。
しかし、高校から留学するなど、そんな手段も私立中学や高校に通えることもなく、
田舎で学業を終えましたが、今現在は、その願望通りに欧州に住めています。

遠い国から日本をみていて、危惧してしまうのが、子供の教育現場での過剰な英語教育への期待です。

正直、たしかに話せたほうが便利ではあるか、と思いますが

現状、英語や別の言葉と日本語をつかって仕事をしてみると、周りの人で、帰国子女のほうが少ない
たたきあげられた根性の人間だからこそ、必要に応じて、ある時から必死で勉強して、現在の地位に
いる方が多いように思えます。

母国を知ること
母国語の美しさを知ること
キチンと自分の意見を述べることができること、

これが、海外で生きて行く大切なことだと思います。

そして、早くから、自分が何をやりたいのか、大人が子供の夢をきちんと理解して
個々に応じて、将来に向けて学ばせる環境が必要なのではないでしょうか、英語ばかりに
焦点を置くのではなく。

日本語はとても美しい言葉です。季節を感じさせる言葉の数々に胸打たれるし、
それを知らずに育っていくことは、不幸なことだと思います。

ラジオは、たくさんの夢をわたしに運んできてくれました。
わくわくする気持ち、憧れる心、

引き寄せるとよくいいますが、

わたしの夢は、この音によって引き寄せられて、実現しているような気がします。

まず夢みること。

とても素敵で大切なことです。
[PR]

by tubaki_hana | 2013-05-27 09:00 | 生命力

音叉、その不思議な波動

やっとブログを更新する気分になってきたので、ただいま、連続して投稿をはじめております。

書くのが好きだったのに、自分で、自分の好きなことにふたをしていることに気がついた満月の夜。

さて、大事なことをすぐに忘れてしまうので、今日は、自分の体調の良さについてここに書き留めておこうと思います。

私は、約1年前から、チューニングフォーク(日本語でいう音叉)をオランダ人の先生に習っています。

日本も音叉をヒーリングに使われている方がいらっしゃいますが、現在、日本では主にアメリカから輸入された
アルミ合金を使用するのが主流のようです。

面白いもので、スイス、ドイツ、オランダにおける音叉は、アルミ合金は波動が安定しない、という考えから
ステンデス製を使用します。


d0175589_8103475.jpg


この一年で、なんと、5人の先生に習いました。
そして、合わない先生もおられました。

西洋医学が浸透している現在、わたしがやっていることは、あやしい、または、おかしいと思われるかも
知れませんが、簡単に説明すると

人というのは、悪い気はすぐに察知します。あの人から嫌われているとか、嫌な予感がする、とか
なにかしら、誰かから飛んでくる自分にとって嫌な気はすぐに反応するのです。

よい波動も同じことです。
美しい音をきく、声をきく、体に信号を送るために、音叉を鳴らして体に当てる、
いま、私は20本ちかく持っていますが、60本以上先生はお持ちです。

波動は
自分の何十億という細胞に到達したときに、体に変化が現れるというわけです。

わたしの場合、2週間前に、便秘をテーマに音叉の講習会で、3人のオランダ人に施術して
もらいました。足の親指に当てて行くのですが、その地味な作業が1時間続きます。

わたしの場合は、やったからといって、すぐにお腹がすっきりするということはありませんでした。
数日後から、お通じがよくなりました。それ以来、詰まりしらずで、いわゆる細胞、体のすみまでに
波動が到達するのに自分ではわからぬ時間が必要であることが認識できました。

この音叉の授業はまだまだ一年は続きますが
この勉強で感じることは、
人にやさしくしたほうがいいということです(といいながら、仕事中はイライラするのですが・・・)

いい波動で、健康によい影響を及ぼすということを体験したことから申し上げることがあると

優しい言葉、ありがとうなどお礼の言葉は、人の心を和ませます。

音叉の音、以上に効果がある波動を自分自身が発信できるということです。

そうすると、まわりの人もハッピー、もちろん、自分も心と体が楽になっていく仕組み。

逆もしかり、

いやな言葉にいやな言葉で反応すると、細胞も弱ります。まさに、抵抗力が下がっていくパターンです。

音叉は鳴らす物体ですが、これがなくても、人は自分で幸せな波を体に送れるということです。

まずは優しい言葉を自分にも目の前の人にも使うといいということですね。
[PR]

by tubaki_hana | 2013-05-26 17:04 | 生命力

自分の心をごまかすことなかれ。


先日、FBのメッセージ欄を使ってでしたが、久しぶりにアメリカ在住のお友達、ケイコさん
話した時、

「わたし、もともとアンチアメリカなのよ。これ、ごまかせない、これからは隠さずに生きてくわ」と伝えると、

好き嫌いがはっきりしているのが、自分だから☆

これからはオリジナルで生きなくっちゃね~☆

と言ってくれたので、妙にすっきりしちゃったんだな。

ケイコさんはいいお友達で、アメリカの教育機関を通じて、知り合ったので、なぜか、「嫌いなの」といえなかったのです。受け入れてくれてありがとう。

ついでだから思った事を書きます。

NYの栄養学校にはいったのは、健康オタクになにか証書をつけてやろうとか、英語の勉強にいいとか
いろんな想いがあったのだけど、届いた教材を見たわたしの同僚が「ツバキがやりたいことじゃないでしょう」と一言、ずさっといってきた、わたしをよく知る人物から、冷たい目でみられたときの、あのお昼ごはんの時間を時折思いだして、自分のやりたかったことって何だろうって

しばらく考えさせられました。


英語が苦手だから、計4回受けたテストも追試でかろうじて通過、卒業となったのだけど

どこら辺だったかな、「ああ、こりゃ、いかん」と思った試験問題があったのです。

それは農薬散布の関係する問題で、どの野菜が一番、薬がかかっているか、という問いで、
間違えてしまって、正しい答えを後から確認したときに

私の心のずれが、ここにある、とわかったのです。

わたしの両親は双方農家です。お墓参りにいけば、旬の野菜を頂き、勝手に掘り起こして持って帰ったり
時の収穫物の話しをきいていたのですが、おばがいっていた「うちは薬をあまりかけない」という野菜が
学校側のテストとなると、掛っているということになり、いわゆる、机の上だけの理論に
自分がいったい何を知りたいのか、一般的な知識を深めたいのか、個々を掘り下げることをしたいのか

そう思うと、友人が「あんたはいったい何がしたいのか」と問うた意味も深く。

子供のころ、はだしで入った田んぼの泥水の冷たさ

自分の気持ち、もう、ごまかせないよ。。

わたしは違うことを望んでいるはずなのに、証書がただ、欲しかっただけなのかな。

いま、ずっと勉強している心のカウンセリングのセッションの時によく、つかうのですが

「その言葉、心にしっくりきますか」という一言。

自分が「米国最大の栄養学校でて、ヘルスカウンセラー」と口で言っただけでも、
うわっ、かゆい・・・と心にぜんぜんしっくりこない、

もっと違う表現の方法、生き方、そして、食べ方を模索する道をすすむことが、いま、
わたしにしっくりくる言葉。

そして、いつか、言葉にそれを表していきたい、

そう思います。

そう、認めると、気持が楽、進むべき道はまだまだ長い、

笑いが自然とでてくるこのごろです。
[PR]

by tubaki_hana | 2013-05-26 09:03 | 生命力

読書習慣 世界の肥満と飢餓を考える。

日も長くなり、リラックスしながら、本を読んでいる週です。
ラジ・パテル著肥満と飢餓は約440ページの本、内容も途中で解らなくなるというか、衝撃的すぎて、途中読むのを止めては自分たちの暮らしがいかに浅はかであるか、失くしたもの、殺してしまった心、考えさせられました。

世界のフードビジネスを語る上で、ラジ・パテルが一番的を得た説明をしているのではないかと思います。
彼自身、世界銀行とWTO(世界貿易機構)にエコノミストとして働き、後、そのWTOの会議上の前で抗議活動を行った人物です。


なぜ世界で10億人が飢えに喘ぎ、10億人が肥満に苦しむのか。

彼は「肥満」と「飢餓」を生みだす世界のフードビジネスについて、衝撃的な事実を述べています。

韓国の未来あった農業経営者が2003年、WTO閣僚会議会場の周りで、バリケードをよじ登って、自ずから
胸をナイフで刺し自殺しました。WTOは農民を殺すということを、自分の死で表した、この事件を皮切りに、インドの農民の自殺、農業が成り立たない仕組み、苦しむ農民の姿をレポートしています。

また、先進国の私たち、
あふれんばかりの品に囲まれているスーパーマーケットにいってみて、思うことは
30年前に比べたら、なんて、選択にあふれているんだろう、と便利さを感じてしまう人が多いのではないでしょうか。

ところが、これはただの錯覚で

世界のわずかな成功したトップの多国籍企業が取りきめた商品が並べられているだけで、その中で暮らさざる得ない私たちの姿がこの本の中で現れてきます。


これから、何回かわけて、ラジが伝えたいことをまとめて書き起こそうと思います。

よく欧米という言葉をわたしたち日本人は使いますが、欧(ヨーロッパ)と米(アメリカ)は違いがあります。

遺伝子組み換えに反対した欧州を米は経済制裁を加えようとしたり、

様々なパワーゲームが繰り広げられています。

身近なところでいえば、わたしたちが飲んでいるコーヒーや、甘いチョコレート。

カカオやコーヒー豆を栽培するプランタージュで働かされる子供、大人は、その飲むカカオの味や、甘いチョコレートの存在を知りません。農民からわずかなお金で買い取ったコーヒー豆を、いま、あなたがスターバックスで飲む一杯のコーヒーのお値段になるまで、どれだけの値段が釣り上げられるか考えたことがありますか。


彼らが早朝から夜までくたくたに働いても、子供を学校にやることも叶わない、毎日の食事で必死な状態の人間を考えず、一杯300円のコーヒーを飲む生活に疑問は持ちませんか?

ラジはたくさんのことをあなたに教えてくれます。

一押しの本です。


肥満と飢餓

ラジ・パテル著
[PR]

by tubaki_hana | 2013-05-25 09:00 | CHOCO図書館

お金の価値

母は今でもよくこういいます。

お金を貸すと、その人は友達でもいずれは離れて行く。。と。

大好きなおばは、子供のころにわたしに言いました。

つばきちゃん、大人になると不思議なことがよく起きるのよ。
20年会っていなかったひとから、急に電話があったり、急に会いたいっていわれたりするの。
するとね、お金を貸してほしいといわれるのよ。。

大人になって、消えていく人もいるの、病気の人もいれば、そうでない人もいるわよ、

とさびしそうに話していたおばの横顔はいまでもよく覚えています。


昨年、遠い田舎の幼馴染から、メールがきました。FBから見つけて連絡をしてきてくれて
嬉しかったのもつかの間、同時期に、我が家へと借金を申し込む手紙が投函されていました。

親同士が知り合い、母も別の方も同じ手紙を受け取り、彼女らなりに悩んでいました。

子供時代には子供が知ることがなかった大人の事情をいまさらですが、ぽつり、ぽつりと
話す母。
状態はわかったのですが、この時に、親が子供の世界を大事にし、そして大人の都合を
介入させないという決定を昔やっていたことに関し、母親たちを尊敬しました。

時はすぎ、40歳に近くなったある日、母に続き、わたしに連絡をしてきた幼馴染。

母に事情をきいていたので、知らないフリをしていましたが、なんとなくお金に困っているという
ことを書き始めました。読むのも辛くなったので、そのまま、自然消滅させていたのですが

10カ月たって、先週、メールが入ってきて、直接、わたしにお金を30万円助けて欲しいと書いて
きたのです。
まず、海外にいる私にいってきたということは、もうだれにも頼めない状態であるのだろうとも
思いますし、昨年からのメールを読んでも、すべて、自己破産に至った原因は、別の人に
ありました。

彼はわたしよりも高い教育を受けており、職場も安定しており、
なぜ、こんなことになったのか、もうわかりませんが、

その30万円を貸してほしいではなく
30万円を助けてほしいと書いてきているのです。

つまり返済にかんしてはなにも書かれていない。人生をやり直したいから30万円がいると書かれていました。

正直、悲しくなりました。

返すという言葉を一度も使わない彼。

わたしは一度だけ、お金を知人に貸したことがあります。
それはわたしのほうから貸すことを提案しました。返すという確実性があったのは、その人は
少ないお給料の中からもきちんと育英会の奨学金返済を行っていたからです。
その予測通りに、きちんと1年をかけて返済をされました。また、その後は幸せな暮らしに戻られました。

その人は、「見せなくてもいいから」といっているのに、使った内容を綺麗に報告をしてきたのです。
私は貸してよかったと、後悔は一切しませんでした。

30万円を今回、助けて欲しいとかかれていたときに
人生立て直したいから、といわれました。

上記の女性も人生を立て直したいからという理由で、立て直す内訳を綺麗に見せてきました。

大きな違いはここです。返すことを頭にまったくおいてないことすら、自覚がない。

病気の一種だと思います。

今回、本当に連絡がまたきて、直接、借金の申し込みであった時に、

もう残念だ、というか、大人って大変な生き物だなとしみじみ思いました。

いつまでも子供ではいられないけど

大人の無邪気さの罪は、大きすぎます。
[PR]

by tubaki_hana | 2013-05-13 08:28 | 生命力