<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いい人やめた

心理学を学び始めて、2年近く。

それは、それは、あれや、これやと試しました。ストレスが外れるとか、人間関係が良くなるとか
目の前の人は投影だとか。。

理論ではわかっていても、

本当に人間関係って、もう面倒だ・・・。

わたしが、ある方に「さよなら」と友人関係を終了させるドラを鳴らしたときに

それまで、わたしは「いい人」だったけれども、

これ以上、わたしはおせっかいなので、もう関わりたくないということを告げました。

たぶん、なんで、ここまで「もう関わるのはやめよう」とおもったのか、それもよくわからぬまま

告げた後に、自分自身はたぶんとっても悪い人、意地悪な人に思われたかもしれないけど

そもそも、わたしは「頼まれたら断りきれない人間」である、良くも悪くも優柔不断な性格で
あることを今回、知ることとなりました。

いい人、いい人といわれると、ついつい、助けなくちゃいけないと思う心理。

それに疲れてしまっていたわけです。

いい人、もう、辞めます。

それと、「あなたいい人ね」というのは、とてもいい褒め言葉かもしれないけど

それがどんどん重荷になってしまうこと、

ホント、勉強しても
人間関係、ふかく観察しても、
自分自身がコントロールがきかなくなったり、今回のように、人に怒ってしまったりと

まさに、ちゃぶ台をひっくり返した状態。

でも、これがたぶん、人間なんだろうな・・・と

思った次第。

悪い人になるのも大変なんだけど、

良い人続けるのも、大変なんです。
[PR]

by tubaki_hana | 2013-08-07 08:20 | スピリチュアル心理学

見守る、そばにいること

d0175589_5181717.jpg


美しい、チャクラバランスのヒーリングストーン。

今、時間をかけて、代替療法の勉強をオランダで行っています。興味がでれば、ドイツもロンドンも度々訪ねました。その中でも、音叉という波動をつかう療法に魅せられて、遠方まで通っています。

今週末は、3日間、先生の新しいお家に泊まりこんでの練習でした。

言葉も完璧ではない私に、何度も何度も繰り返して教えてくれる先生の生き方に惹かれて、通うこと1年、
いま、やっと折り返し地点にきましたが、学ぶことはたくさん。

日本でも音叉をあつかう方はいらっしゃいますが、
わたしがやっているのはより医療現場で補助的につかえるものです。

前回から参加しているロブさんという長身のオランダ人男性に音叉療法を行いました。

気がつくと一時間以上はたっていて、施術しているほうは汗だく。

横になっていたロブさんは、鼻息をたてながら、深い眠りについていきます。

終わってもおきる気配がなかったので、

ロブさんの頭のほうに、椅子をもってきて、目がさめるまで、そばで見守りました。

ただ、そばにいるだけ。寝ているのを見守るだけ。

実は、これに高い効果がある、というのは、わたし自身が、8年前にロンドンで住み込み子守をしていた
家で経験しているのです。

その家の子供はとても優秀で、裕福なお家で、大きな遊び部屋をもっていました。

たくさんのおもちゃや本をもっているのに、彼は、絵を描くことがすきで、

机に座っては、マジックや絵の具を出して、画用紙一杯になにかを描いていく、本当の一人作業です。

それでも、同じ部屋に、わたしがなにも話さずに、すこし離れて座っている時と
そうでないときに違いがあるのに気がついたときに、「ただ見守る」ということの深い意味を
知りました。

一つの部屋に言葉を掛けることはないのに、居るだけで、本領発揮する子供。

子守の大事な仕事は、こういった環境をつくってあげることだ、と深く学んだのです。

ヒーリングの世界でも同様。

ただ、静かに寄り添う、見守ることに集中する、よけいなことはやらない、という、簡単そうで実は
とっても難しいことに、自己を押さえて、目の前の人をただ見守ることの大切さ。

思いだしました。

黙って座って、そばに寄りそう私に、先生は

「それでいい」とニコニコと遠くからジェスチャーを送ってくれたとき、いい先生に巡り合えたなと
感謝しました。

今日、早朝6時から日本にいるホメオパスの方とお話をしました。
「九州は今、代替療法に熱心になっているよ」といわれて、

いまは、まだ、勉強中の身だけど
もしまずは、九州がそういった、自然な療法を医療に取り入れる地域になれば、
わたしも、そこに、音叉を持って
帰りたいと思います。

そして、究極の代替療法は、家族や友達、近くのたいせつな人が「見守る」ことです。
[PR]

by tubaki_hana | 2013-08-06 08:10 | 生命力