<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

さて、山本太郎さん

久しぶりのブログ更新です。

最近のニュースといえば、山本太郎議員が、園遊会で天皇陛下に手紙を手渡しして、只今炎上中という
ところでしょうか。

最初見た時は、やはり、失礼を感じました。
園遊会という場所柄、招待客がああいった行動にでるのは、常識がないと思いますし、
また天皇陛下は、国政にかかわらないというは暗黙の了解ではなく、憲法で決まっていることです。

福島原発のことを訴えたいなら、国会で、
手紙を渡したいのなら総理大臣へ。

中学生でも知ってます。

わたしたち、日本人は、子供のころから、時代劇みたり、本読んだりして、いわゆる将軍や、トップに
直談判というのは、覚悟を表し、かつての方々は、辞職して、身分を失くして、身一つで、
直訴したものです。そういった精神を知っているので、

「想いが溢れた」といわれると、

その身一つで直訴した時代と、かわったものだなあ、と思うのですが、正直、
欲望、感情で天皇陛下に手紙を差し出すという、ああ、勘違いに、脳内お花畑の馬鹿男というイメージしか
ありません。

国会で直訴できずに、国政に入ってこない天皇陛下に訴えるということは、
自分自身に能力ないっていってる証明、国会議員は、国民の代表、国会で解決すべきことなのです。


それがたとえ、原発問題でもです。
天皇陛下に何をやっていただきたかったのでしょう。
手をかしてください、その一言は、いう相手が違います。

少なくとも支持者は、この闇の奥底にある原発ビジネスや国会議員の裏の関係にメスを入れてくれると
期待して、山本太郎に票を投じたのではないでしょうか。

まったく違う相手に泣きついて、どうするんでしょうか。

いまや、日本は暴走しはじめています。
安全性が保障されない原子力発電の怖さを一番知っているのは日本人。
それなのに、政府はトルコに原子力発電の受注をとってきたとのこと。

トルコは日本が頼めば、NOとはいえないですよ。親日であるし、いままで日本からも多額の援助は
受けているはず。長年かかって掘り上げたトンネルもやっと出来あがりました。

安倍さんが、「買ってよ、お願い」といえば、

爆弾でも、YESというのが、この力関係。

思えば、日本が、アメリカから理不尽な扱いをうけて、いままで、おしつけられたり、奪われたりして
苦労し、フランスからは核のゴミをおしつけられても、
耐えてきましたけど、

同じ思いをトルコにさせるのは、本当に身勝手な話しです。


原子力ビジネスはもうかると、事故前から盛り上がって、今は反対、鳩山さんでも数年前は原子力OK!と
いってたくらいですから、たしかに一部では儲かるのでしょうね。

わたしが危惧しているのは、福島の件もですが、
他国に迷惑かけるのは、やめてほしいのです。
福島も収集つけきれないのが現状、目をつぶるにもほどがありますが、だからといって
話しを戻すと

山本太郎は、いかんな。
[PR]

by tubaki_hana | 2013-11-06 06:07 | 日本の問題