クリスマスのテーブル~自然を楽しむ~

クリスマスのテーブル飾りができました。

自然な形で、自分でも気にいってます。お稽古にいった時よりも、つくった喜びがありました。


d0175589_6403754.jpg




中央の果物二つは台所から、
のまなかったバラのお茶の花びら、
他は森で拾って来た植物やお花なのです。

12月になるころ、
ひどく自分がお金に惑わされているというか、消費することに疲れてしまった、もう嫌だ、という
状態になりました。たぶん、人生最大の、そういった時期でした。

ご飯食べるのもいやになって、

食べずに2日間、考えました。

まもなくクリスマスだけど、テーブルの上を飾るお飾り、お稽古代も払う気がしない、そもそも買う気も
しない、今年は、お飾りなしか・・・と思いました。

でもなにもないからこそ、どうにかして飾るのが、自分だったような気がして、
それから、ガーデナーの従姉妹にきいて、冬のお勧め植物はなにか、と尋ね、海の近くにある森へと
いったのです。冷たい風の音、近くの海の音がまざって、森林の中、気持がいい。沈んだ気持ちも
なんとなくすーっとしていったのを覚えています。
d0175589_6555255.jpg



森で集めてきたグリーンたち。モス(苔)もふんだんです♪
d0175589_656650.jpg



小さな瓶に枝をいれて、キャンドルに火をともして、果物を盛ると、なんとなくワクワクしてきます。
d0175589_657023.jpg


このようにテーブルの中央に置くと、森の中を思い出します。


d0175589_6593086.jpg



最初は、
「なにも今年はないな、、お金つかうのがいやだな」と思いました。

それから、いろいろと考えて、そんな時だからこそ、なにかで飾ってみることが自分には大切じゃないか?と
思いました。それが自分であることも思いだしました。

無いからやらない、ではなく、アイデアを生み出すことはとても大事なんだと
夜にアレンジをつくりながら、思ったものです。

これにサラダ、スープで私は十分です。
デザートにケーキなど焼くとまた華やかになりますね。


このテーブルアレンジはお正月にもアレンジがききますので
ぜひ、皆さまもおためしになってください。公園など、自然があるところにいくと
意外といろんなものが落ちているものです。

たぶん、日常生活でも、気がつかない大事なことがある、ことと同じだと思います。

それでは、皆さま、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。


おまけ



d0175589_715867.jpgこちらのリースも手作りしました。森でひろってきた材料と、頂いたものに掛っていたリボンをつかって、まとめました。そして中央のクリスタルは、NYの友人が贈ってくださった一粒の光です。昨年、NYのマーケットでみかけたこの飾り、「綺麗ですね」というと、ひとつ、ぜひ、といってくださって、マーケットまで買いにいってくださったのですが、売り切れ。今年もあったよ!ということで、忘れておらず、贈ってくださいました。このお気づかいに感謝。クリスマスのリースにふさわしい光です。すべて、わたしのものではないものから出来あがりました。
これまた、人生と似てますね。
[PR]

# by tubaki_hana | 2013-12-24 06:39 | 生命力

食べてもらえる幸せ~鹿児島からブッシュ・ド・ノエル~

自分のレシピは持ちません、それだけ白崎レシピは完成されているのです。

鹿児島の朝の光、ブッシュドノエルが出来上がりましたよ♪

d0175589_5272366.jpg



以前から、こちら、白崎茶会調理係補佐のハルカさんの撮られる写真の自然の光が
好きで、なんとなく、懐かしい、同じ九州でも違う光、好きだなあ・・と、ぼんやりと、写真を拝見して
いました。初めてお会いしたのは、数年前、東京ガス主宰の白崎裕子さん講師のお料理教室、
人気が高い白崎先生ですから、その日、ご一緒したMIKIさんは、抽選に当選し、わたしは落選・・・。幸いにも
キャンセル待ちで当選してルンルンと横浜までいった、その場で初めて補佐さんにお会いしました。


その驚きの白崎レシピは、本やでお求めいただけますが、私たち、本見て作るヒト、
補佐さん、魂まで、白崎レシピ刻まれてます。
鹿児島に帰っても、同じレシピを作り続ける。好きな味を持てるって幸せだと思いまます。

故向田邦子さんが著書の中でこうおっしゃってました。

向田さんは、幼少時代を鹿児島で過ごされています。


かの有名な「失われた時を求めて」の主人公は、マドレーヌを紅茶に浸した途端、
過ぎ去った過去が生き生きとよみがえった。私のマドレーヌはさつま揚げである』



遠い記憶が蘇ってくるのは
この同じ場所にいる補佐さんの場合、白崎レシピのマドレーヌに鹿児島の紅茶ベニオガタなんでしょうね。

子供のころ生クリームが苦手で食べれませんでした。
家族で過ごした幼少のころ、町のケーキやさんでブッシュドノエルの講習会があって、迷わず
参加しました。
生クリームやお砂糖、卵が材料で、食べれなかったけど、作る工程が楽しくて、楽しくて
家族にも食べさせたかったな、と思ったし、自分でも食べてみたかったと思いました。
出来あがった時の喜びや達成感はいまでも覚えています




今は、純植物性のケーキを作る喜びを知っています。

誰かに食べてもらえる喜びも。

そして自分も食べれる、みんなに優しいケーキ。



d0175589_5223792.jpg材料は、今が旬のとっても美味しい鹿児島産の有機さつまいもをうねうねとふんだんに使いました♪
ロールケーキの中は豆腐クリーム、外はさつまいもクリーム。スポンジも、クッキーもクリームもすべて白崎レシピです。それに鹿児島名産をつかって、思い出のブッシュドノエルになりました☆

そして、自分にも「木」がキーワードの年でした。


補佐さん、素敵なケーキをありがとうございました。




こういった行事のときに、昔は、卵や牛乳などのアレルギーを持った子供は
ケーキを食べることは叶いませんでした。
先日、うかたまを拝見した時に、白崎先生も書かれていましたが、乳製品を食べれない子供たちにおやつを食べてもらいたかったこと。

思考錯誤、なかったものをつくる工程や出来あがった時の喜び、

それを想うと、純植物性のお菓子を作りあげることに、創造性の高さを感じます。
新しい芸術の世界、だと思います。


今日登場してくれた調理係補佐さんとは~☆
d0175589_5234029.jpg日本一予約が取れない料理教室白崎茶会、講師の白崎裕子さんの補佐を務めたあと、郷里の鹿児島にて地球畑カフェ草原をわたる船に勤務中。

食生活備忘録、時々茶と書とでは補佐さんの鹿児島ライフが楽しめます。必見は、即打ちうどんの講習会、うどんを打つ補佐さんの凛々しい姿、かっこい~☆

この写真は、桜島がどかーんと爆発した日のものです。壮大ですね。
[PR]

# by tubaki_hana | 2013-12-23 07:17 | 生命力

フランキンセンスのミルクバス~香港より~

クリスマス前、ゆっくりお風呂で、フランキンセンスの香りを楽しみましょう。


お家でエステ。今日は、香港在住の植物療法家のShimi Micaela Hamadaさんが素敵な
入浴剤を教えてくださいました^^
キリスト誕生の時に贈られたフランキンセンス、ミステリアスな香りをゆったりバスルームで楽しみましょう。

Use of Frankincense for Milk Bath
ミルクバスにフランキンセンス



①100ml-150mlのフレッシュミルクにフランキンセンスの精油を4ー7滴いれる。
  (フレッシュクリームでも可)


②ボトル又はカップに①をいれて、ゆっくり優しく降る。

             
③お風呂に45度以上のお湯を溜める。

④ ①の液体をお風呂に入れる。その後自分の好みの温度にお湯を調節してください。

ハイ、出来上がりです♪

ゆっくりとフランキンセンスの香りをお風呂でお楽しみくださいね。

♪お顔の小じわ、しわを減らし、また気持が落ち着く効果があります♪




d0175589_735429.jpg




こんなに簡単で、リラックス、またお顔のお手入れにもばっちりですから、ぜひお試しくださいね。


なお、ミカエラさんは、こちらの精油を使われております。
英国非営利団体、NHR Organic oil です。


d0175589_7402333.jpg


最近ではよく見かける精油類ですが、有名ブランドのものには商売がんばりすぎているところもあり、
使う人間もよく、企業を観察して、自分に使いたいですよね。
この件につきましては、ミカエラさんが、ご自身のブログで語っておられます。

http://model129.kireiblog.excite.co.jp/201311/article_3.html


d0175589_7371364.jpgミカエラさんは香港にお住まいです。実はまだお会いしたことがないのです。一度、イギリスで会う約束をしていましたが、なにか、天使のいたずらかな、近くにいたのに、お会いできませんでした。5年以上になりますが、すっかり文通友です。いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
今日登場して下さったShimi Micaela Hamadaさんは、イギリス、フランス、ドイツのディプロマを持つIFA準会員です。







外にエステとなると、高価すぎて、自分の為のリラックスタイムを持つことを見逃しがちですが、どうぞ
クリスマス前、年末年始、一度、ゆったりとしたバスタイムをお楽しみください。
[PR]

# by tubaki_hana | 2013-12-22 07:31 | 生命力