進む。


今も、時間は一秒ずつ進んでいく。わたしの行き先はわからないのだけど。
d0175589_348324.jpg



ずーっと前、ある人の誕生日会で呼ばれた部屋に

「痛くても突き進む、あなたが好きです」って書かれたメモが
張られていたな。

たしかにその人は、どんなことがあっても、人生切り開いていた。


今日、ふと、電車の中で思いだして、お元気だろうかと思う日。

思えば、海外暮らしになって

知り合う人、男女問わず、別れの言葉を交わさずにしらーっと消えて行く人も
いえれば、いつかまた会おうと、距離があっても、お礼と共に
そういった一言をかけあえた人のことを思うと、
良い人たちにあったと思うし

反面、ある日から、言葉も交わさなくなった人が、一人でなく
実は数人いることを考えると

日本で住んでいたら
こういったことはあったのだろうかとも思い

自分が悪かったのか、それとも誤解が生じて
そのようになったのかとも考え込んでしまうけど

いまさら、考えたところで
どうにもならぬことは
あまり考えないほうがいいのだろうけど


いま、10年を振り返ると

やはり、何人もの人の顔が思い浮かんできて

いろんな人に出会って別れがあって

それでも、どの人にも会えてよかったんだな、と

思いました。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-10-16 03:55 | 生命力