お金は天下の。。。まわって帰ってきておくれ。


ロンドン学生生活を終えた際に、
「学費を払うのは、これで最後だろうな」と勝手に思い込んでいました。

いや、わたしの思いこみは、それだけでなかったんだけど。

そして、数年後の今週、

5000ドル近くの学費が飛んでいくことに決定・・・。

おいおい、ロンドンでおわったんでなかったのか、と自問するんだけど

また貧乏ライフ 再び・・。

思えば、学費払うためにまた仕事してんではないかと苦笑い。今回は
家で勉強するので、仕事はそのまま。


それを払って勉強したからといって、資格が取れる保障はなにもなければ
もしかして、インチキかもしれないと、友人は心配したけれど
いま、私に必要なのは、違う世界をみること。

止まっていた数年間を取り戻すために、今、走り出さないと後悔するような
気がしました。

こちらのブログ
読んでたら、もじもじ、払うか払わないか悩んでいるのが馬鹿らしくなり

えーい、払ってやろうじゃないの!!!どーんとこい!


出ていけば、戻ってくる説を信じ、送金決定。

そもそも、わたしの今までの学費は

イギリスでのサマースクールは解雇された時のお金利用

ロンドンの学費、滞在費は、ささやかな貯金と住み込みで働いて生活費をしのぎ、

そして、オランダ語の学費もべらぼーに安かった。
(送金ミスで、授業終了後に全額もどってきたこともあり)

まともに、学費ってもんを払ったことがないような気がする・・・。


ま、ここらで一発、学費ってものを人並みに放出しようでないか。


あのですね、留学や勉強というものは、お金なくてもできるんですよ。

家でも勉強できるし

わたしのようにお金持ちファミリーに寄り添って、生活費みてもらうとか

方法は様々。

そんな方法をいろいろと考え出してはがんばってきましたが

今、人並みに一回くらい、学費出して、社会にお金を送り込みます~♪

不景気だからこそ、お金放出しないとね。


で、今週末は部屋の大改造。

遊び部屋でなく、学習部屋に生まれかわらせるのだ。。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-11-06 06:36 | 生命力