粉と遊ぶ

日本では、コンビニ行けば、簡単に買える肉まんも
ここでは簡単に手にはいらない、いや、欧州風にくまんは売ってあるんだけど

急につくってみたくなって、お弁当に肉まんつくってみました。


d0175589_5145859.jpg



生地をこねて
中にいれる餡をこねて、包んで蒸してと手のかかる作業。

最近、こんな作業やってなかったなあ、と思いつつ

蒸しあがったころに、今度はお菓子つくり。

お菓子作家の多田さんのお見送りに、彼女のレシピのお菓子をお届け
したくて、ほんのわずかだけど焼いて、今日、お渡しできてよかったです。

オランダの小麦粉や牛乳、卵、りんごを焼きこんだお菓子。

彼女のレシピにオランダの風味が混じって、今頃、空の上で食べてくれて
いるといいな。


昨日の夜から、真剣に、自分の携帯電話(スマートフォーン)のカスタマイズを
開始。

実は昨日の午後、しばらくぶりに電気や入ったら、もう、時代が違う、
わけのわからないものが大量にあり、ここで、乗り遅れたら、もう、わたし
二度と電化製品わからないわね、と思い、

携帯のアプリをダウンロード、ダイエットとかラジオとか、簡単なもの
だけど、このラジオはほんと便利、英語の勉強にもなるし、TOKYOからの
音も聴こえる、便利なものだ、とおもったんだけど、同時にこの携帯が
次の世代、また次になると、もうニンテンドーのゲームとかもいらないかも
しれないし、「いらなくなるもの」が多くなって、ある意味、生きやすく、そして
生き辛い世の中になるのだろうと思いました。どっちが
いいのかわからないけど、ただ、自分の中でどこでストップをかけていいのか
わからない、

そんなとき、粉を練って、一から何かをつくってみると

なーんとなく、自分にとって大切なものってわかるんですよね。
[PR]

by tubaki_hana | 2010-11-30 05:21 | 生命力