変化を恐れるな

この週末は、最初は頭がぼんやりと、これからどうしようか、と考えた2日間でした。
家族のことで、とても深く、自分の今後について考えました。

自分のチョイスで外国に住んでいるわけだけど、
この距離は、家族が困った時になにもやってあげれない、と、そういった思いで、後悔はしてないけど
今後、わたしはどうしたらいいのだろうか。と考えていると、ひどい頭痛がしてきて、寝たり、起きたり。

これは、この12年間、自分にとっては、人生の変化の際、同じように、考えるだけ考えて
よく起きた現象でした。泣くだけないて、頭痛がして、寝込んで、限界まで考えると、気持が切り替わる
一人ぼっちの作業ではありますが、

今、気がついたことは、
私自身が、変化することに恐れている人間になってしまっていることでした。

思えば、12年前、鞄一つで、オランダにやってきた。今は、仕事もあって、住む家もあって
永住権も、お給料ももらえて、普通に暮らせてる、欲しかったすべてのモノは
手にいれることができたのです。

その心地よさに満足して、現状維持することが、一番の幸せだと、思いこんでいたのです。

日本を飛び出したころ、鞄一つだったころは、それはそれは必死でした。生きる道を必死で
探していました。

ゼロからスタートさせたことを今日、思いだして
あのころ、変わりたかった自分から、現在の変化を恐れる自分になってしまったことへの
気付きは大きく、

あれだけ、すべての望みはかなえてきた、最初はなにも、なかった、
どうして、今、たくさんのモノを持っているのに、あのころよりも、不安になっているのだろうか、
と考えると、泣いていることが、バカバカしくなって、頭がパッと切り替わり

いま、ゼロになったとして、出来ることは、一体、なんであるか、と考えるようになりました。

すると、以外に、あれや、これや、とアイデアらしいものは頭からでてきて、

まだ。。出来ることは、、あるんだな、と自分自身に苦笑い。

自分自身にいえることは、変化を恐れるな。ゼロから、スタートさせた時のことを思い出そう
ってことでした。


ついつい、前ばかりみていて、これもない、あれもない、と突っ走ってきた人生を
時折振り返ることで、自分の中から聞こえてくるメッセージがあるということに気がつけた
出来事でした。

昨日の朝は、涙で始まりましたが
今はこのことに感謝をして、日々を過ごしていきたいと思います。

前ばかり見すぎていたというのは、先日、同級生が集まってくれて、飲んだ夜にも感じました。

「わたしは行方不明者になってしまってたもんね、年賀状も出さないし」といったら、

自分から交流する気になることだね、といわれて、

ああ、前ばかり向いていて、他の大事なことに気がついてなかったな、大事なことはたくさん
ある、と気がつく事ばかり。

そういった年齢になってきたのだと思いますが、様々なことを含め、変化を
恐れない人間でありたいと思った週末でした。
[PR]

by tubaki_hana | 2013-01-14 05:18 | 生命力