人気ブログランキング |

本心は

実家の父は認知症。

いまや、理解不能な行動に、
母や姉妹、親戚も、ふりまわされている状態という現状。

午前中、もう、どうしていいかわからなくなって、国際電話、県警本部へと相談しました。時間外で、担当者がおらず、別のところへ電話。

もう、あたまは朦朧としてくるし、
正直、おとうさん、あんたは迷惑な存在!!!だと心の底で叫んでいる自分がいる、

病気だとわかっているのに

すべてを受け止めきれない自分がいる、

家族のもともとのコミュニケーションの悪さが、浮きだってきて、それを直視することと
父の行動に、ほとほと疲れてしまったというか、
ヒーリングやら、カウンセリングやらと勉強しているけど、いざ、自分がこうなってみて
病人の家族の辛さが少しわかってきたというか

いま、ここで、この問題に向き合わなければいけない、タイミングは
神様が用意されたことと、思い、向き合う、のだけど

子供のころから、吐き続けられた暴言の数々を思い出すと、怒りがわいてくる、
病人だから、それとこれを分けるようにと書いてあるけど、生身の人間、さらに
怒りがわいてくる、もう、どうしたらいい。


いまのわたしの課題は、
自分の気持ちの整理、

つい、気をとられて、失敗をしてしまうことに気がついている、集中力もなくなっている

それがよくわかっている、

これを乗り切れたら、カウンセリングの勉強としては、いい課題なのだろうな、と
思う。

のですが、

はあ、ほんと、正直、しんどい。


チベット医学の先生は綺麗事はいわなかった、
「いまは堪える時、すべて受け入れよ」といわれて、納得。

まずは、現状を受け入れることから、はじめよう。

by tubaki_hana | 2013-09-13 11:11 | 認知症